美男と醜女を繋ぐ、金とセックス『そして俺は途方にくれる』(前編)

官能小説から男目線の“そそる女”を読み解く!

第9回:渡辺やよい・著『そして俺は途方にくれる』(前編)

ヤリチンとイケメンはセックスが下手

そして俺は途方にくれる 渡辺やよい 双葉社 大泉りか 官能小説
by Tiffany Bailey

『ヤリチンほどセックスが下手』という通説があります。
なぜかというと、ヤリチンが女に求めているのは、たんなる性処理の相手や、攻略する喜びを得ることのできる標的であって、そこでのセックスにクオリティは二の次の話だから。

 相手を満足させるような、技巧的で、献身的で、情熱的な愛撫などは面倒であり「好きでもない女になんでそんなことしないといけないんだよ」というわけです。
むしろ、いいセックスをして、「あのセックスが忘れられない……」などと執着されてはむしろ困る。

 そして、多くの女性は、『気持ちがいい』もしくは『愛情の交流』であるセックスがしたいわけで、ヤリチンとなどセックスをしても「何もいいことがない」と知っている。
なので、ヤリチンに引っかかる女はちょっと痛い。

 しかし、果たしてこれは真実なのでしょうか。

 というわけで、今回ご紹介するのは渡辺やよいさんの『そして俺は途方にくれる』(双葉社刊)
レディコミ作家の渡辺やよいさんの処女小説作品であり、第二回R-18文学賞の読者賞を受賞した作品です。