• sex
  • 2017.10.15

「つけた方が気持ちいい!」女性のお悩みに寄り添うコンドーム

コンドームはもはやただの避妊具ではありません。女性のセックスの悩みを解決する様々な機能があるのです。「仕方なくつける」ものではなく「つけた方が気持ちいい」ものへ。コンドームは今、大きな進化を遂げています。あなたにぴったりのコンドームもきっと見つかるはず。

花を持ったてのひらの画像
by Pixabay

 こんばんは!ラブライフアドバイザーのオリビアです。
ユーザーの様々なニーズに合わせて進化し続けているコンドーム。
今回は、女性特有の不快感を和らげてくれそうなコンドームをオリビアの独断と偏見で選んでみました。

女性の「濡れなくて痛い」「つっぱり感」を解消するアイテム

「濡れない」「痛い」というセックスの悩みを抱えている女性必見!痛みを軽減してくれるコンドームがあったら使ってみたいと思いませんか?

 HOT KISS(相模ゴム)に使用されている潤滑剤は、一般的にコンドームの潤滑剤として塗布されているシリコーンオイルと比較して、約10倍の滑り性(相模ゴム測定)があります。
実際に使用してみると、つるっつる。アイスリンクを彷彿とさせる摩擦のなさ!
更年期などで慢性的に潤い不足の女性や、「合体した後、途中から乾いてくる」という女性は試してみる価値あり。

 グラマラスバタフライ ジェルリッチ(ジェクス)は、圧倒的ゼリー量No.1!サラッとした潤滑剤と水溶性ゼリーの2種類の潤滑剤付きコンドーム。
たっぷり厚みのあるゼリーで「濡れないから、入口でつっかかってしまう。そこで彼も焦って中折れしてしまい気まずい」ということがある女性に、スムーズな挿入感を約束してくれます。

「セックス後に痒くなる」のはゴムアレルギー?

 コンドームを使ったセックス後に、毎回「アソコがむずかゆくなる」という女性は、天然ゴム(ラテックス)アレルギーかもしれません。
なかなか自覚しづらいのですが、ゴム手袋やコンドームの素材である天然ゴムにアレルギー反応を起こしてしまう女性がいます。

 もし、あてはまる方がいたら、天然ゴムではない素材のコンドームを試してみてください。

 選択肢としては、サガミオリジナル0.01(相模ゴム)など極薄型の「ポリウレタン製」のコンドームと、「イソプレンラバー製」のSKYN(不二ラテックス)

 ポリウレタン製は、0.02ミリ、0.01ミリまで薄くしても強度が保たれる反面、少し硬い感じがします。伸縮性も一般的な天然ゴム製品に比べるとやや劣るように思われます。
一方、イソプレンラバー製は、ポリウレタン製ほどの薄さはありませんが、伸びは天然ゴム製と遜色がありません。
男性にとっても、装着する時もスムーズでモタモタしないのがよいみたい。

 使い心地は、男性の方が違いを感じると思うので、パートナーと一緒に、使い比べてみるといいですね。

 あなたにピッタリのベストコンドームが見つかると、セックスの満足度がグッと上がります。
これだけバラエティに富んだコンドームを見ると、ただ「避妊」「性感染症予防」でコンドームを選ぶ時代はすでに終わったと言っても過言ではありませんね。
これからは、「つけた方が気持ちいい!」マイベストコンドームをチョイスする時代です。

つづく

※今回、紹介したコンドームを購入される場合、ドン・キホーテや都内の大型アダルトショップは比較的品ぞろえが豊富ですが、ネット通販で取り寄せるのが確実ですよ。

Text/OLIVIA

次回は <愛撫する手が止まらない!「ごま油」でつるすべ肌になる裏ワザ>です。
秋冬のお肌の悩みといえば、やっぱり乾燥肌。潤い不足でカサカサの肌にしわが入ったり…。つるつるすべすべの触り心地を手に入れる方法としてOLIVIAさんがおすすめするのは、保湿+温熱療法のためのごま油を使ったオイルマッサージ。膣の潤いケアとセットでやり方を押さえましょう!

ライタープロフィール

OLIVIA(オリビア)
1980年生まれ。ラブライフアドバイザー。
今月の特集

AMのこぼれ話