Iくんが取るべき行動とは?


Iくん: どうしたらいいんでしょう?

アル: 生身の女子と付き合うことだと思う。それで、いったん幻想を壊した方がいい。
100冊の恋愛小説を読むより、1回の恋愛をしたほうが学ぶことは多いから。

Iくん: 経験値を上げた方がいいんですね…。いい加減、彼女のことは諦めて。

アル: それを決めるのはキミですよ。
そうさのう…逆転があるとすれば、セックスしてみるとか。

Iくん: えっ、セックス?

アル: セックス中はある程度、生身をさらけ出すから。
それに「好きだからドキドキする」もあるけど、「ドキドキするから好きになる」もあるから。吊り橋効果みたいなもので。
セックスすれば多少はドキドキするし、そこで恋愛スイッチが入る可能性はゼロではない。

 あとオーガズムの瞬間にはオキシトシンってホルモンが出るんだけど、これは幸福感や愛情を感じるホルモンなので、彼女をイカせればキミに愛情が芽生える可能性もある。

Iくん: すごい、画期的な意見だ…!

アル: べつにすごくないですよ。
でもまあ、これが“女がセックスした相手を好きになる”カラクリ。

Iくん: 男は好きにならないんですか?

アル: なる場合もあるけど、男は射精後、一瞬で賢者になるからのう。攻略感を感じて気がすむ男も多いし。

Iくん: なるほど…。
ただ彼女とセックスできる気が全くしません。

アル: 「田舎から農作物が送られてきたので、焼肉でもしませんか?」と家に誘って、お酒を飲んでいいムードになるとか。

Iくん: うーん…それは無理かも。

アル: 農作物は送られてこない?

Iくん: いや、農作物は送られてくるんですけど(笑)。  「じゃあみんなで焼肉しよう」って話になって、2人きりで誘っても断られるでしょうね。

アル: 断られるか…。その時点で交際への発展は難しそうだな。 キミが他の女子と付き合ったら、その彼女はキミのことが惜しくなるかもね。逃した魚はデカいってやつで。

Iくん: えっ、そうなんですか?

アル: 可能性はある。ただそれで付き合えても続かないよ、独占欲が満たされたら終わりだから。そこでなびいてはイカンのです。

Iくん: やっぱアルさんはすごいですね。僕には考えつきもしませんよ。

アル: ああ、経験値が低すぎて心配。悪い女に騙されませんように…。

Iくん: 騙されそうですか、僕?

アル: ハイ、赤子の手をひねるように。キャバクラ方面には近寄らないように。

Iくん: それは大丈夫です!キャバクラには興味ないしハマりませんから。

アル: 清楚系が好みだし?

Iくん:うっ…まあ、そうですね。