性欲が薄い男子が増加中?ド田舎で育った山田孝之似が童貞の理由/彼女いない歴=年齢(28歳)イケメン童貞の性事情(1)


 前回の<イケメン愛妻家・Eくん(33歳)のインタビュー>も合わせてどうぞ。

「普通の男子の本音を知りたい」
そんな女子の声に応えてスタートしたこの連載。

 2人目のゲストは友人のIくん(28歳、映像関係)。
山田孝之似でオシャレヒゲも生えていて、一見モテそうな彼ですが、彼女いない歴=年齢の童貞。
そんな彼の性事情に迫りました!

【第1回】実家が農家のカントリー男子は、オカズも手作り派♪

アルテイシア セックス塾 童貞 性の目覚め オナニー
Romain Toornier


アルテイシア(以下、アル):もともとIくんは私の読者だったんだよね。
大学生の時に『59番目のプロポーズ』を読んでメールをくれて、そこから交流が始まったという関係です。
それでは、性の目覚めを聞かせてください。

Iくん:僕は実家が農家でド田舎出身なんですよ。小学校も学年が10人みたいな環境で。

アル:漫画『天然コケッコー』みたいな世界?

Iくん:ほんとあんな感じです。エロ本の自販機すらないし、テレビも2つしかチャンネルがなくて。
小学生の僕は『コミックボンボン』を愛読していて、漫画『がんばれゴエモン』のくノ一の八重ちゃんにドキドキしてました。

アル:八重ちゃんが<忍法・筒枯らし*>を繰り出す場面で?
(*『くノ一忍法帳』に登場する、死ぬまで射精し続けて体内の水分が消失する技)

Iくん:そんなアダルトな表現はないですよ(笑)。
八重ちゃんが敵に服を裂かれるとか、その程度です。

アル:なるほど。初オナニーはいつですか?

Iくん:中1だったと思います。触っているうちに気持ちよさに気づくっていう、自然発生的パターンでした。

アル:当時のオカズは何だったの?

Iくん:自分で裸の女子の絵を描いてオカズにしてました。

アル:えっ?!…それで抜けるの?

Iくん:全然抜けましたよ。

アル:人はモノがないと自分で作り出すのか…真の自給自足だのう。

Iくん:日々描き続けているうちに、デッサン力が上がりました(笑)。