都合のいい女を脱却!女子が心身ともに満たされるセックスの秘訣/官能女子養成講座(2)

快楽だけの体の結びつきでは女は幸せになれない

『恋愛とセックスで幸せになる 官能女子養成講座』発売を記念して、著者のアルテイシアさんにインタビューしました。
前回の「不感症の女子はいない!恋愛とセックスで幸せになる官能女子養成講座(1)」もあわせてご覧ください。


セックスすると気がすむ男、執着が生まれる女

アルテイシア 官能女子要請講座 セックス   セフレ 不感症 執着 ヤリチン ヤリマン 快楽 子作り 巣作り
by Filipe Rivelli

アルテイシア(以下、アル): 私は快楽目的のセックスも全然OKだと思っています。むしろ、セックスと恋愛を切り離した方が自由になれると思う。
でも現実には、大半の女子は「好きな人と愛のあるセックスをしたい」と望んでいますよね。

AM編集部(以下、AM): はい、快楽目的と割り切れる女子はごく一部だと思います。

アル: あと「とにかく大勢とセックスしたい!」と望む女子も少なくて、そこが男女の違い。男子は千人斬りとかに憧れるから、五条大橋で刀を集めた弁慶のごとく(笑)。

AM: その違いはどこから来るんでしょう?

アル: 社会的な刷り込みもあるし、本能もあるし、両方じゃないかな。もちろん性差の前に個人差があるけど。
浮気する女子もいるけど、セックスだけじゃなく、愛情や承認を求めているケースが多いと思う。彼氏との関係に不満があって、寂しいから浮気するとか。

AM: それで本気になっちゃう子も多いですね。男の方が「浮気は浮気」と割り切っている気がします。

アル: 米国の調査を読んだら<ゲイはポリガミー(多夫多妻制)の傾向が高く、レズビアンはモノガミー(一夫一妻制)の傾向が高い>と書いてありました。

AM: セクシャリティが違っても、その部分は変わらないんですか。

アル: 個人差はあるけど。でもビアンバーのママさんと飲んでいたら「どんなに男っぽいタチでも、根っこは女だからね!」ってしつこく釘を刺されました(笑)。「酔った勢いでキスとかしちゃダメ、セックスなんてもってのほか」「男は『やれてラッキー』と喜ぶけど、ビアンは『もてあそばれた』と傷つくから」って。
実際すごく男っぽいタチでも「浮気なんてありえない、彼女に一途」って人が大半でしたよ。