どんな相手でもセックスが楽しめる!年齢とともにセックスの質を上げる3つの方法/Q=quality of SEX


 前回の「P=マシュマロ触感のパイパンセックス」も合わせてどうぞ。

 あなたのセックスをもっと楽しくする「ラブライフのAtoZ 2nd stage」。
今回のテーマは、「Q=quality of SEX(セックスの質を上げる方法)」です。

あなたのセックスの質は、年とともに向上していますか?

OLIVIA ラブライフ A to Z
smplstc


 セックスを覚えたての手作り感がある頃から、年齢とともに経験を重ねて現在に至るまでに、あなたのセックスの質はどれくらい向上したか、考えたことはありますか?
経験を重ねてきたのなら、あなたのセックスの質も向上しているのが理想ですが、現実にはそうじゃないようです。

 私が主催しているセクシャル・コミュニケーションを学ぶ「LOVEもみ講座」では、生徒さんとセックスの話をざっくばらんにするのですが、女性たちの話を聞いていて、気になることがあります。

「“前の彼とは”ゆったりと時間をかけて快感を味わうようないいセックスが出来ていたんだけど、“今の彼は”AVみたいに手マンが激しいし、普段は優しくていいんだけどセックスはイマイチなんです」
「“今の彼とは”セックスのこともオープンに話せるし、他の人よりもセックスを楽しんでいる自信があります」

 一見ポジティブな回答の中にも、ちょっとモヤっとすることが潜んでいます。
それは、言葉の端々に見え隠れする「セックスは相手次第で質が変わる」という感覚。
もちろん、相手ありきの行為なので、相性のよいパートナーと巡り合えることは素晴らしいことだと思います。

 しかしながら、相手次第でセックスのクオリティーが変わってしまうのって、残念じゃないですか?
それに、過去のよいセックスと比較してしまうのも仕方ないとはいえ、今のパートナーが見劣りしてしまいます。
でも、お相手の技量や経験値に左右せずに、女性が意識さえ変えれば大丈夫。女性主導でセックスの質を向上させることは出来るんです!

 今回は、「女性主導でセックスの質を上げる3つの方法」をご紹介します。