SEXの快感を極めるには、出産が一番


 ナカイキできるようになると、SEXが変わってくるよね。
「イキたい!」ってよりも、「アソコがおチンチンを欲しがる。入れたがる。吸い込みたがる」みたいになって、ちょっと掃除機みたいになる(笑)。

 というわけで、SEXの快感を極めたかったら、出産が一番。
生理・SEX(オーガズム)・出産の3つは、ほぼ同じ動きだから、毎月の生理は気持のいいSEXや、快感出産のお稽古なわけだよ。
だから、嫌がったり、ないがしろにしないで、「今月の生理こそ、気持ちよくなっちゃうぞ~」ってウェルカムな気持ちで迎えてね。

自分の子宮の位置を確認しよう


 さて、柔らかく血行の良い子宮は、幸せな体質作りに欠かせないんだけど、みんなの子宮はどうかな?
きらくかんにも「私の子宮、大丈夫でしょうか?」って、観てもらいたくて来る子もたくさんいるよ。子宮は外から見えないから、気になるよね。

 まずは、子宮の位置を確認しよう。
生理痛になったことのある子はわかるよね。
あの下腹の痛いところ。恥骨のちょっと上あたりかな。

 子宮は、人によって位置がけっこう違う。
きらくかんでは、温かさで子宮の位置を観るの。
生理前や生理中、排卵の頃も子宮はちょっとホカホカするので、慣れてくると、わりとすぐにわかるようになるんだ。

 ただ自分のよりも、他の人のほうがわかりやすい。
なぜなら、自分の手は自分の体の温度だから、温度の違いを観るのがわかりづらいんだよね。

 あと、実は、自分で触ってみて、どこに子宮があるのかわからない場合は、そんなに深刻じゃない証拠なの。場所がわかりにくいのは、観察力がないからじゃなくて、他の臓器とうまく共存して、まあまあ元気にやっているから。

 逆に、血行の悪い子宮は、冷たく固くなっているから、すごくわかりやすい。
筋力がなくて、内臓が下垂している子も、子宮も下のほうにあってペチャンコになっているからわかりやすいんだ。