彼のペニスが入らない。苦節3年のカップルに贈る3つの打開策

夫のちんぽが入らない人が挿入を楽しめるようになるセックステクニック

 先日、扶桑社から『夫のちんぽが入らない』というエッセイ本が発売されて話題になっていますね。私も早速、拝読しましたが本当に衝撃でした。
この本を読んでいて、昨年末にあそこのサイズに関する相談メールが複数届いていたのを思い出しました(忘れていたわけではなく、これまでの記事の中で何度か書いてきたので避けていました)。
しかし今回は、サイズの差が原因で挿入すらできない! という方がいたので改めて書くことにしました。
(※内容は一部修正しています。質問はこちらのフォームからどうぞ!)

 3年ほど付き合っている彼氏がいます。 はじめてセックスをしたときに痛くて入らなかったのですが、お互いはじめてということもあり「何度かすれば慣れるはず」と軽く流していました。ですが、何回しても痛くて入らないのです。 前戯が短いというわけではないと思います。
いろいろ考えてみると ①巨根とまではいきませんが、彼のものが平均より一回り大きいこと(普通のサイズのゴムがキツくて入らない)、 ②私の膣側に問題があるのかもしれないということ。このどちらかに原因があるということに気が付きました(不勉強なので他の原因も考えられるとは思います)。
彼も優しいので、痛いなら入れなくても…と前戯のみで終了ということばかりで、お互いやるせない気持ちになっています。 身体の相性で別れるというような話を聞きますが、そうはなりたくありません。 なにかアドバイスを頂けたらと思い質問にいたりました。回答よろしくお願いします。

 ちんこは、人によって形や大きさが違うというのはよく知られていますよね。例えば、全体的にボリュームがあるタイプ、亀頭が大きくカリの段差が目立つタイプ、先端に向かって細くなっているタイプ、短めだけど握りきれないほど太いタイプなど、全く同じ形のモノを持つ人はいないと言ってもいいほどです。
女性も同じように形や大きさに差があります。クリトリスや小陰唇の大きさが挿入に差し障ることは滅多にありませんが、膣口の大きさや、膣の深さによっては挿入のトラブルが起こることもあります。

 古代インドの性典『カーマ・スートラ』では竿と膣の大きさにフォーカスして、それぞれを3つに分類しています。男性のモノは大きい順に、馬・牛・兎、女性の場合は象・馬・鹿という順に呼んでいたようです。そして、「馬男と象女」、「牛男と馬女」、「兎男と鹿女」というように同じ階級の組み合わせだと最高のセックスを味わえる可能性があり、階級に差がある場合は体位などの工夫が必要になると言われています。 「彼のモノが大きくて入らない」という場合、もしかすると【馬男と鹿女】というようにサイズの差が大きいという可能性があります。サイズの階級差があると、濡れたらズボッ! というわけにはいかないんですよね。でも工夫次第では、痛みもなく挿入することができるかもしれません(無理はしないでください)。

 ここからは私の経験と調べて得た知識でお答えしますね。 

彼のペニスが入らないときの打開策3つ

1. 前戯の段階で時間をかけて膣口を拡げる

 以前、私の手首よりも太いスーパー巨根とセックスしていたことがありました。入らないというトラブルは無かったものの、前戯の段階で指を入れてほぐしておかないと膣の入り口あたりにある括約筋が硬くて、最初の一撃で筋肉が破壊されるような衝撃を感じていました。でも長く指で愛撫してもらうと、硬く感じていた入り口の部分もほぐれて弾力が出てきますし、気持ちもリラックスしてくるので挿入がスムーズになりました。
 
 手で愛撫する時はクリトリスへの刺激だけではなく、膣に指を1本ずつ無理のないように入れていき、最低でも男性の指2本分が入るようにします。ガシガシ出し入れするのではなく、指を深く沈めたまま上下左右に揺らすようにします。その際に必ずローション(安価なものではなく女性の体に優しい潤滑剤)を使って、なるべく膣に力を入れないようにしましょう。ここでゆっくり時間をかけて膣口を拡げることが重要です。

 

2. 挿入角度に気をつける

 痛みの原因は大きさだけではなく、角度も関係しているかもしれません。
男性が膣口に向かってまっすぐに入れようとすると入りにくく、膣口付近に痛みを感じることがあります。その場合は、まず亀頭を膣口に当て、少し下に向けるように滑らせてみてください。亀頭にローションを塗っておくと入れやすくなります。 体位は正常位。膝を抱え込みすぎずに自然に浮かせておくか、なるべく大きく脚を開いて足の裏をベッドに着けておくと余分な力が入らず、受け入れやすいと思います。

挿入を楽しむための必須アイテム

3. 挿入したらすぐに動かない

 もしも挿入できたら、すぐには動かさずにじっとしてなじませます。少しずつ動かしてみて違和感があればまた動きを止めて、なじむのを待ちましょう。必要に応じてローションを足せるように、手が届くところに置いておくといいですよ。

*挿入はできるけど痛みがある場合は、カリの段差が原因です。膣の中をゴリゴリと削られるような感じがしたら、薄型のコンドームではなく、柔らかく厚みのあるコンドーム(例:SKYN)に替えてみると解消されることもあります。

*どうしても挿入できない場合や、挿入できても痛みが続いたり出血したりする場合は、無理に挿入しようとせずに婦人科で相談してみましょう。挿入できない原因が他に見つかる場合もあります。ちなみに、私の友人は膣の中に穴が2つあり(膣の形態異常)、それが原因で挿入できなかったのですが、今では片方の穴を広げて入るようになったそうです。
 
*挿入はできるけどサイズの差が原因で気持ちよくなれないという場合は、こちらの過去記事を参考にしてください。
男性器のタイプ別おすすめ体位…つちのこタイプ、マグナムタイプほか
男性器のタイプ別おすすめ体位…小ぶり、細長、ひねくれタイプ
ペニスと膣のフィット具合がセックスの相性を左右する!どんな竿でもぴったり気持ち良くなる方法

Text/Betsy

■挿入を楽しみたいあなたにオススメの記事
受け身なカレから「追われる女性」になるための極秘マニュアル

次回は<「シックスナイン気が散る説」におさらば!責めと受けは同時進行しなくていい>です。
セックスのたびに彼からシックスナインを求められ、そんなに好きじゃないけど断って気まずくなりたくないから仕方なく応じる…しかし、そんな男性たちが本当に求めているのは必死にフェラすることではなく、彼女が気持ちよくなる姿を見ること! なら、無理せずちょっとだらだらするぐらいでちょうどいい素敵ビッチを目指しませんか?