素敵ビッチのたのしい性活

関係をぶち壊す禁止ワード使ってない?セックスレスを防ぐ唯一の方法(後編)

セックスレスを悪化させないためには断り方がとっても大事。どうしてもヤりたくないとき、どう断ってますか?言いがちなあのフレーズがあなたのセックスレス重症化の原因だったかも。ふたりの関係を良くするために意識すべきことについて。

メイン2
©darcyadelaide

 先週は、「セックスレスの原因は頻度が落ちること」というお話をしました。

 セックスの頻度が落ちて、習慣的でなくなり、一度「特別な行為」にまでハードルを上げてしまうと、”セックスは愛情をこめてじっくりと前戯をしないといけない”というプレッシャーになるし、前戯の時間が短いというだけで”簡単に済まされている”と無駄に惨めな気分を味わうことになります。

 とはいえ、毎週何曜日にセックスをする、とキッチリ約束をしてしまうと、それが逆にプレッシャーになってしまうケースもあります。

 そこまでしなくても、なんとなく「前回セックスしてから6日か…。そろそろセックスしとくか」とお互いが考えるようにしておく程度でもいいと思います。そして「セックスしよーしよー」って軽く誘える環境にしておくんです。そうすれば、断られても大したダメージを受けずに「じゃあまたね」になりますもんね。
逆に、誘われたけどどうしても無理という日は「今日は疲れてるから週末ね」と軽く断り、できる日に実行する。

 頻度は二人の生活環境に合わせて、週に1度とか10日に1度など、なるべく特別な行事にならないよう、生活のリズムに取り込むことが大事だと思います。

 セックスなんて毎回毎回、愛を囁き、膨大な時間をかけてじっくりとする必要はないじゃないですか。疲れているときは、15分で全ての工程を終えることだってありますよ。
たまには上手くいかずに途中で終えて「じゃあお茶でも入れようか」と気分を切り替えることもあります。その代わり、時間と体力があるときはゆっくりと丁寧に取り組んだり、新しいことに挑戦してみたりするんです。

 10年、20年、30年と性生活が途絶えないカップルの話を聞いていつも思うのは、こんな風に、セックスを大事(おおごと)にしないということです。