対面座位で相手の恥骨にクリトリスをこすってこすってこすりつける!/愛され痴女


【第31回】デカチン・ミニチン・不器用…男性のタイプに合わせてリードしよう!

 あけましておめでとうございます!
この記事は元旦に更新なんですね。今年も愛され痴女をよろしくお願いいたします。


アルテイシア 愛され痴女 エロス セックス  レス 女目線 男目線 オナニー
by WillVision Photography

 旧年中から、私はつねづね
「生まれつきセックスセンスのない男性はほとんどいない」
「99%は教えたら伸びるから、女性が主体的になれば満足のいくセックスはできる」
と訴えてきました。

 じゃあ、1%のセックスセンスのない男性って?
それは、自分の体を器用に動かせないタイプ

 たとえば挿入の時、腰だけを前後に振れないとか。
体全体を無駄に動かして、体ごとぶつかってくるというか…餅つきにたとえると、杵だけを上下に動かすべきなのに、杵を持ったまま突進してくるような男性もいます。 挙句の果てに、こちらの体をつかんで動かそうとしたり…「臼を持ち上げてどうする!」みたいな。

 こういう不器用なタイプは、車庫入れや縦列駐車も苦手のよう。車のミラーをぶつけるように、セックス中に女性の体を踏んづけたりします。

「ああ、うちの彼はそのタイプかも…」とため息をついた方。不器用な彼を指導するのは大変ですが、がんばって。諦めたらそこで試合終了ですよ?「鏡の前でレイザーラモンHGのフォーを練習してごらん?」と言えば、彼氏は腰だけを前後に振るコツをつかめるでしょう。

 また、餅つきでは臼が固定されていることが前提です。
臼がグラグラ動くとうまくつけないように、挿入も女性の腰を固定しなければ、うまく突けません。

「正常位でやってる時、体がズルズル上にずれていって、壁に頭をぶつけた」
「バックの時、彼に腕をつかまれて、スムーズに挿入できなかった」

 これは女性の腰を固定していないから。「しっかり両手で腰をつかんでね」と彼氏に指導してあげましょう。正月だし、餅を食べながらレクチャーするのもオススメ。

 バックになるとオラオラ魂に火がつき、両腕をつかんでくる男性もいるようです。
私だったら「パロスペシャルか?」と闘争心に火がつき、ダブルレッグ・スープレックスでリングに沈めてしまうわ…(『キン肉マン』夢の超人タッグ編より)