「挿入=消化試合」はもう終わり!愛され痴女のベスト体位と動き方


【第19回】挿入の満足度を上げて、Win-Winのハッピーセックスをしよう!

アルテイシア オナニー オカズ オーガズム フェラチオ セックス テク 女性ホルモン マスコミ ハッピーセックス 挿入 本番 ドカベン 山田 里中
by Lies Thru a Lens

「挿入=本番」、いかにも男性的な発想ですね。
というのも、女性には「前戯が本番で、挿入は消化試合」という人も多いから。

「挿入は彼とつながっている精神的な喜びはあるけど、快感はあまりない」
「挿入が長すぎると『早く終わってよ』と消化試合的な気分になる」

といった意見をよく聞きます。

 女性はクリでイク派が7割で、膣でイク派が3割。
クリは神経の集まった敏感な性感帯だけど、膣はわりと鈍感で、快感を得るには開発が必要。また、膣でイク派の女性も「手マンではイケるけど、ペニスの挿入ではイケない」と言います。

 なぜなら、ペニスは指のように自在に動かせないから。股間にペニーという名の寄生獣が宿らない限り、ペニスが上に曲がってGスポットを狙いうちするのは不可能。ゆえに、挿入でイクのは難易度が高いし、イクどころかあまり感じない女性も多い。
でも消化試合ってのも、切ねえ話じゃないですか。

アルテイシア オナニー オカズ オーガズム フェラチオ セックス テク 女性ホルモン マスコミ ハッピーセックス 挿入 本番 ドカベン 山田 里中
漫画『ドカベン』/作者:水島新司/
出版社:秋田書店
名訓高校の美少年ピッチャー里中智と、キャッチャー山田太郎(ドカベン)の黄金バッテリー。

 できるなら、ドカベンと里中くんのようにバッテリーで勝利の喜びを味わいたい。
優勝旗をはためかせ、明訓高校の校歌を斉唱したい…!(いつも喩えが古くてすみませんね)

 女性は感じるほどに膣がギュッと締まるため、男性の満足度も上がります。それに「演技しなくていい」のも魅力ですね。
消化試合と思いながら、相手に合わせてアンアン喘ぐのは虚しいもの。できれば本気でアンアン喘いで、2人で快感を共有したい。

 では、どうすれば挿入の満足度が高まるか?
それは男性まかせにせず、女性が主体的にリードして動くこと。