良くも悪くも「忘れられないオーラルセックス」

――みなさん、舐め犬に限らず、いい意味でも悪い意味でも印象深かったオーラルセックス、もしくは前戯って何かありますか?

クンニクマン

いい意味で衝撃的だったのは、僕が26、27歳くらいの頃。クンニクマンになる前なんですけど、銀座にちょっとやばいキャバクラがあったんですよ。洋服の上から触るくらいはできる感じのお店で。
そこでとある女の子が、「わたし、フェラ上手いよ」って言ってきて。「じゃあ、指を舐めてみて」って舐めてもらったら、それが衝撃的でした。密着度が半端なくて、口内が真空で、全ての面が指に密着してるみたいな感じ。

――フェラチオするときは真空にする! 勉強になります。他のおふたりはどうですか?

ジェラシー

良かった前戯だと、飲んだ朝方に男性に家まで見送ってもらったことがあって。ずっと外国で育った方だったんですけど、そのときに「俺んち来なよ、近くだから」って言われながら、マンションの外壁に壁ドンされたんです。
それで首から鎖骨、鎖骨から胸の上あたりへと熱い唇を這わせて柔らかいキスを無限に連発されて、「これ、映画で見るやつ! フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ!」って。それだけでイきそうになりました。その日は結局、彼の家には行かずに帰ったんですが、それから2ヶ月はその出来事をメインのおかずに……主菜にしてました(笑)

――おお、エロマンティックですね。妹尾さんは何かあります?

妹尾

これは良い思い出なのか悪い思い出なのか、ちょっと迷うところなんですけど、薄明かりの中でクンニされてる最中に、ふと相手の顔を見たんですね。
そしたら、顔にべったりと血がついてたんですよ。私、てっきり生理きたんだと思って「ごめん! 顔真っ赤だよ!」って言ったんですけど、それ、生理じゃなくて鼻血だったんですよ。

一同

(笑)

ジェラシー

えっ、可愛い。それ全然、ヤりましたよね?

妹尾

ヤりましたヤりました。本当に鼻血って興奮したら出るんだって衝撃的でしたね。でも結果的に、「この人、クンニがうまいな」って感じるのって、自分の好みかどうかですよね。男性の顔が。

クンニクマン

女性が気持ちよくなる要因ってそこが結構大きいかもしれません。

――最高に顔が好きでも、物理的に下手な人もいませんか? ガシガシだったりとか。

妹尾

さっきも言ったけど、しつこい人は嫌です。2時間とか絶対無理ですね。あと、これは、おっぱい大きい人ならわかると思うんですけど、いつまでもおっぱいを触ってるやつ。わたしはおっぱいが多感な方じゃないんで、「暇やな~、授乳思い出すな~」って。

――授乳を彷彿させる前戯、それは萎えますね。では、その流れで、くるみさんも悪い意味で衝撃的だったオーラルセックスってありますか?

ジェラシー

さっきのフィフティ・シェイズ・オブ・グレイの人の話の続きなんですが、その人の家で、数人で飲む機会があったんです。で、みんなが帰った後にいい雰囲気になって。まだセックスまではしてない関係だったので、まずはオチンチンとご対面した方がいいのかなと思って、脱がして触ったら、なんか白いのがいっぱい付いてたんです。

――え! それって……。

ジェラシー

はい……。初見だったので恐怖より好奇心が勝っちゃって、三舐めくらいしたんですけど……すごいにおいがして。女性はある程度はにおいがするものだと思うんですけど、男性もこんなにおいするんだあって。

クンニクマン

仮性包茎とか、皮を被っている人はカスがついてること多いですよね。ちゃんと剥いて洗わないと。

――女性にもカスがついてる人って多いですか?

クンニクマン

結構、いらっしゃるんですよ。ちゃんとひだを開いて洗わないといけないんです。ちょっと前は「石鹸で洗っちゃいけない、お湯とか水だけが良い」ってされていたんですが、今はデリケートゾーン専用ソープがありますからね。ちょっと入り口を洗うだけでカンジダになっちゃう女の子もいるけど、専用ソープなら多少中に入っても大丈夫なので。