貧乳がコンプレックスだとしても恋愛やセックスには関係ない

巨乳好きの彼に振られて以来コンプレックス

今週は読者の方からの質問にお答えします!

私は貧乳です。一度好きになった人とセックスしたのですが、私の体を見て「神様は全部与えないんだね」と言われました。それでも数回セックスしたので受け入れてくれたと思ったのですが3か月で振られました。その後、彼は巨乳好きだったことを知り自分の体にコンプレックスを持つようになりました。貧乳好きもいると聞きますが、見分けることなんてできません。いつもはブラにパッドを入れて2~3サイズ盛っているので、告白されても一歩前に進めません。

いつもはセックスに直接関係のない質問にはお答えしないのですが、体(顔面も含む)のコンプレックスで恋愛やセックスに踏み出せない人も確かに多いよなぁと思ったので、今回は外見のコンプレックスについてお話しします。

マッチングには特に問題がない

結論から言ってしまうと、自分の体にコンプレックスがあっても、恋愛やセックスでのマッチングには関係ないです。胸の大きさ、脂肪の多さ、ちんこの大きさ、腟の狭さ、顔面の造形、身長の高さなど、自信の持てない場所があったとしても、恋愛やセックスの相手となる人が気にしていなければ何の問題もないからです。

現実問題として、恋愛やセックスの相手を選ぶ時には何かしらの魅力を感じる場所を少しずつ見つけながら距離を縮めていくわけですよね。魅力を感じやすいポイントが胸の大きさだとか顔面の造形だとかいう人もいれば、全体の雰囲気や性格や声だという人もいるでしょうね。でも特に顔とか体の凹凸はパッと見てわかりやすいこともあって、そこを最重要視している人もいるかもしれません。でも外見で選ぶ人と内面で選ぶ人のどちらが正しくてどちらが間違っているとも言えません。価値観の違いですから(ただしそれを言葉にして人を傷つけるのは絶対ダメです)。

前後の連載記事