セックスを盛り上げたい!取り入れるのはガジェットかリキッドかランジェリーか

セックスを盛り上げるために新しいことしたい

パートナーとのセックスに、何か盛り上がりそうなものを取り入れてみたいと相談されることがあります。旅行や誕生日などのイベントの日の特別なセックスで、マンネリ化防止として、何か新しいことをやってみたいと思っている人も多いと思います。基本的には、私は「気になるものは何でも持って行って、それから話せばいいじゃん!」と思っているのですが、慎重に進めていきたいと思っている人も多いようです。今回は、セックスにアイテム投入する際のコツを紹介します。

何を取り入れるか

セックスに取り入れやすいアイテムはいろいろありますが、喜ばれやすいものを分類すると、ジェット、リキッド、ランジェリーの3つに分かれると思います。相手の好みが分かっていなくても、この3つのうちひとつは気に入ってもらえることが多いです。‟ガジェット”は電動のアダルトグッズ。前戯や挿入中に使えるローター、バイブレーターなどです。‟リキッド”は、潤滑剤、ローション、マッサージオイルなどのセックス用の液体です。そして、ランジェリーは性的に興奮する下着です。

ガジェットを選ぶポイントは「これは何なの!?」と興味をそそる見た目のもの。「スイッチはどこ?どうやって操作するの?」と思わず触ってみたくなって、実際に触ってみると操作が難しくないものが人気です。見た目だけでなく、使えば必ず気持ちよくなれるものがいいので、普段オナニーで使っているものでもいいと思います。私がよくセックスに持ち込むのはTENGA SVRです。ガジェット派にはソソルようで、ケースごと手渡すとスイッチを探したり、割っか部分の使い方を考えたりと、おもちゃを与えられた子供のように目を輝かせます。ちんこの根もとに装着すれば挿入中にも使えて便利です。

リキッドのおすすめはexsens(エクセンス)マッサージオイル。味のついたウォーミング効果のある液体で、体に塗って息をふきかけるとカーッと熱く感じ、舐めると甘くておいしいんです。乳首に垂らしてフーッと息をつきかけ、驚いたところでペロっと舐めて味見。そのまま口にキスすれば、夢中で吸い付いてきます。甘いのに体に塗ってマッサージしてもベタベタしないし、油分は含まれていないのでラテックス製のコンドームとの併用もできます。

もうひとつのおすすめは、bdaオーガニックのジェリーローション(ハードタイプ)。腟内にも使える潤滑剤なのですが、一般的な潤滑剤に比べてもっちりしています。手コキや手マンなどのハンドマッサージの際に、手の摩擦を強く感じさせないので気持ちいいんですよね。口に入っても変な味がしないのも高ポイントです。

ランジェリーだけはおすすめするのが難しいです。洋服と同じで好みの幅が広すぎて、どんな下着にグッとくるのかが謎なんですよね。「セクシー系が好き」と言っていたとしても、カルバンクラインとサルートでは全くタイプが違いますよね。まずは自分が好んで着けているもの、自分の気持ちが盛り上がるものを着けてみて、あとは聞き取り調査を進めていくのがいいと思います。ランジェリーショップのSNSアカウントを見せながら好みのタイプを教えてもらうのも分かりやすくていいと思います。私の場合は、普段使っている下着をベースとして、気合の入っているときにはキャミソールやガーターベルト、ガーターストッキングを足しています。ガーターは気合が入りすぎて驚かれると思いきや、意外と喜ばれますよ。

前後の連載記事