股から石油が湧いても

離婚しそうな私が離婚してない理由/59番目のマリアージュ 文明崩壊 上: 滅亡と存続の命運を分けるもの (草思社文庫)

 かつての私は「女とは、妻とはこうあるべき」と押しつけられたくないのに、「カマロと結婚すれば生活は安泰だな」と考えていた。

 その後、夫と結婚して物書きになって「私は自分で金を稼ぎたい人間で、人の金で生きるのは向いてない」と気づいた。たとえ庭や股から石油が湧いて2兆円をゲットしても、仕事は続けるだろう。

 今の私は夫にもっと稼いでほしいとか、一家の大黒柱になってほしいとか、世間がいう「男としての役割」は一切求めていない。そして、そんな自分を悪くないと思える。要するに、私はこういう生き方や結婚が向いていたのだ。

 夫はどうなのか?

 と思ったので、帰宅した夫に「なぜ我々は離婚してないんだと思う?」と聞くと「お互い好きに生きてるからだろう」と返ってきた。

アル「それは私もキミにいろいろ押しつけてないってこと?」

夫「ああしろこうしろ言われたら、あんまりうまくいかなかったんじゃないか」

 押しつけられるのがイヤという点で、我々は共通しているらしい。だが、それ以外はだいぶ違う。

 夫は世紀末的状況になってもサバイブできるが、私はたぶん3秒で死ぬ。わが家には夫がそろえた防災グッズや武器があるので、天変地異が起きた時や暴漢が家に侵入した時は、夫に活躍してほしい。

 一方、貯金・保険・不動産等については私が担当している。

 以前、夫に老後の備えについて話したら「いずれ文明は破たんして紙幣は紙くずになるぞ」と言われたので「じゃあ私は破たんしないバージョンを考えるから、キミは破たんしたバージョンを考えてくれ」と返した。夫は「ボーガンを買おうかしら」とわくわくしていた。

 老後の備えにボーガンを買う夫はイヤだ、というかイかれてる、と世間は言うかもしれないが、私はそんな夫に萌えるのだ。それに、得意分野が違う方がチームとして強い。

 夫婦は割れ鍋に綴じ蓋で補い合えばいいし、それは夫婦だけに限らない。人には得意不得意があって、多様な人々で支え合うのが社会だろう。

 家事や育児が得意な男性もいれば、働いて稼ぐのが得意な女性もいる。ボーガンの名手の女性だっているだろう。男・女にカテゴライズせず、それぞれが得意分野で能力を発揮すればいい。そうすれば、みんなが生きやすい世の中になるはずだ。

 以前、テレビに小泉元総理と細川元総理が映っていて「2人とも、おばあさんみたいになってる!」とびっくりしたら「人は年をとると性別がわからなくなっていく」と夫に言われた。

 たしかに、おじいさんみたいなおばあさんもいる。老後はだんだん性別が曖昧になっていくらしい。

 だったらもう、性別なんていらないんじゃないか。女として、男として、妻として、夫として…そんなものはとっぱらって、私は「人として」夫と生きていきたいと思う。

※2018年3月20日に「TOFUFU」で掲載しました。

最新刊発売!

 過去10年間に執筆したエロコラムが詰まった『アルテイシアの夜の女子会』が2018年2月7日に発売。表紙はTOFUFUでも連載してくださっているカレー沢薫さんのイラスト。BL研究家・金田淳子さん、妖怪作家・ぱぷりこさんとの対談も収録。

待望の電子書籍化!

 入手困難となっていたアルテイシアさんのデビュー作が待ちに待った電子書籍化!
本連載でおなじみの59番さんとの出会いが綴られています。

 59番さんと出会う以前の恋愛経験を綴ったこちらも電子書籍化!
あわせてチェック!

大ヒット発売中!

 アルテイシアさんが自信がない・出会いがない・付き合えない・好きにならない・もう若くない・幸せな恋ができない・SEXしたことがない・女らしくできない・結婚できない…そんな悩みを解決。
パートナーを得た女性も、より魅力的な女性になるためにどうぞ♪

前後の連載記事