ドラマ『高嶺の花』を見て

 昨日は、ドラマ『高嶺の花』でとうとう石原さとみと峯田和伸のキスシーンが放映されました。
このドラマはタイトル通り、美人で才能もあり家柄にも恵まれた女性が、ひょんなことから冴えない中年男性と出会って次第に惹かれていく、というもう1000回くらい見たことあるようなストーリーなのですが。
私も途中まで書いてて「いい加減にしろ」って思っちゃったけど、脚本が鬼才、野島伸司先生ってことで巷で話題になっており、『高校教師』ドンズバ世代の私としてはチェックせずにはいられないドラマなのです。

 はぁー。だけど。ぶっちゃけ、ビジュアルショックが凄すぎて、全然ドラマの筋についてけねぇ。
だって、石原さとみだよ? 峯田和伸だよ? 並びの違和感凄すぎない? 植物園デートでの感動的な(?)キスシーンも、見ていてストレスと不安しかなかった。

 ねぇ、あまり他人様のルックスを貶めるようなことはしたくないけれど、峯田和伸を引っ張ってきて、「冴えない普通の男」で片付けんの、無理ないですか???
大泉洋が「冴えない男」として絶世の美女たちに惚れられるのとは訳が違うんですよ。だってだって、峯田和伸って、何万人もの観客の前でお★ん★んを露出して何度も書類送検されている、あの銀杏BOYZのあの峯田和伸ですよ??? それも一度や二度じゃなく何度もですよ??? ちなみに薬物検査ではシロだったそうで、シロだったということはガチであの感じ、ってことじゃないですか。逆にヤバくないですか。自分でも何を言っているのかわかりませんが。いや、役柄と本人のパーソナリティは無関係、という論説もあると思います。

 が、しかしながら、人間、40年も生きていれば年輪のようにその生き様が顔と体に出る、というのが私の持論です。そのまさに峯田和伸の年輪刻まれたルックスが「面白い」ってことで今になって評価されてるんでしょうけど。

 てか人前でお★ん★ん露出してもNHKの朝ドラ出れちゃうんですね。なんで??? なんで私たち、これを受け入れなきゃいけないの???

前後の連載記事