Loading...

好きな人にビビらずかつ自分を好きにさせる方法/女子の裏テク祭り

好きな人にビビらずかつ自分を好きにさせる方法

2019年のゴールデンウィーク特別企画!

10日も休みがあればなんでもできる! ということで、よりチート技を身につけるべく「女子の裏テク」を女賢者の4名に教えていただきましょう。 今回は特別に4日間連続でお届けします。

【あやまん監督】
2010年「ぽいぽいぽいぽぽいぽいぽぴー」でCDデビューし大ブレイク。現在はあやまんJAPAN株式会社の代表取締役監督として社長業に勤しむ。Twitter:@ayaman_kantoku

【たむら】
陰茎3000本Playerのホス通い風俗嬢ツイッタラー。Twitter:@3tmr2_

【真崎】
29歳フリーライター。誰よりもAMを読み込み、恋に応用している自負がある真面目な恋愛弱者。Twitter:@masaki_desuyo_

【Betsy】
セックスとメタルとおむすびを愛する米食系ビッチ。 小学生で性に目覚めて以来頭の中はエロだらけ。 趣味はAV鑑賞。Twitter:@BitchyBetsy

第1回目のテーマは「好きな人にビビらず自分を好きにさせる方法」です。
好きな人には構えてしまいがちな私たちですが、ビビる心を抑えて、なおかつ惚れさせる方法はあるのでしょうか?

あやまん監督の回答

あやまん監督

私こう見えて(?)、コンプレックスの塊というか、自分に自信とか全然ないんですよ。
でも、だからこそ「あやまんJAPAN」という鎧を纏って幾多の飲み会を戦って、経験値こそが己を強くすると信じてやってきました。だから、ビビる要素がなくなるくらい、経験値を積む、失敗と学びをくり返し、自分の強みと魅力を見つけることが大切かなと思います。

飲み会での経験値なんですが、職種・年齢・場所関係なく様々な相手と飲むといいです。
個人戦から50:50の試合、海外遠征、とにかく飲みまくって、どんな相手でもその会に合わせた盛り上げ方をする。カラオケをノンストップで入れてガンガン飲む会もあれば、一歩引いて聞き役に徹する場合も。
「あやまんJAPAN」は昔から実践主義で、今のメンバーも、場数を踏むことでどんどん強くなっています。あまり強くなりすぎるのもどうかと思う時はありますけどね(笑)

そして、これまでの飲み会の経験から、若くて可愛い子はそりゃモテるでしょうけど、そうじゃない子が好きな男性も少数ながらいるようです。なので、自分なりの魅力をぶつけても受け入れてもらえないならそこまでの男か、と次にイこう! 人生は短い!

たむらの回答

たむら

好きな人に対してはビビっちゃいますよね。私も好きなホストは経験上8割型が女を殴るのでヒヤヒヤしちゃいます。あ、みなさんはぜひ残りの2割を探しに行ってみてください!

いらない前置きでしたね。さて自分を好きにさせる方法ですが、自分に自信をつけるのが1番だと思います。

日本の女の子は自分を卑下しすぎなんですよ。自分の魅力ってなんだと思いますか?
私は乳首が綺麗なところです。それだけで軽く5人は彼氏ができると思ってますね。自信過剰なくらいが男の人は惹かれるもんです。てか良い男が寄ってきます。何でもいいから長所を見つけて過剰な自信を持ってアタックしてみてください。

アタック方法としては、たむらはお金を稼ぐしか能がないので基本的に好きな人(ホスト)には伝票の数字でアタックしてます。ちなみにアタックが成功したことはまだありません。

前後の連載記事