検証② 密室に男子を呼び出して、彼の目の前で私がリコーダーを吹いて、私がいない間に舐めるか

 今度は、私のことが好き(で、あってほしいと願う)脈アリAくんと、そのほか友人数名でカラオケに行き、Aくんの前でリコーダーをチラつかせて、わたしが席を外した隙に彼がリコーダーを吹くのか、ドアの外から観察してみようと思います。

私「そういえばさ、最近中学のとき使ってたリコーダーでてきたんだよね」

 Aくんがこっちを全然見てくれないのでもっと畳み掛けます。

私「今日、ちょっとカラオケだし吹きたいなって思ってもってきちゃった 」
Aくん「……は?」

Aくん「まじかよ(笑)」

 お、笑ってる!いい掴みだ。これはチャンス!!!

 ここで、私が一番得意な曲、中島みゆきさんの地上の星を吹くことに

Aくん「なんで地上の星?でもまぁうまいじゃん」

 またまた食いついた!

 調子に乗って、このあと5回連続で地上の星を吹いたところで、いよいよ検証スタート!!!!

 私が、吹きたてほやほやのリコーダーをそのまま机におきトイレに行くふりをします。

 私のリコーダーをペロペロしてくれるのか、こっそりドアの外から見守ります。

 さぁ無事リコーダーをおいて部屋を出ました。ほれほれ渋木プロテインおやじのリコーダーをペロペロするチャンスだぞ。なめしなめし~

 まぁまずは様子を見て、リコーダーに興味を示さないフリですか。いや、なめる勇気がまだないんだろうな。
本当はなめたいにきまってる。うん、そうだ。

 いまだなめそうな様子はない。たしかにほかの人がいるとなめにくいよね。
と、いうことでほかの人にも部屋を出てもらうことに。

 さぁ、はやくおなめ〜!

 待つこと30分、私のリコーダーをほったらかしにしたAくん。
全くなめなかった。。。

 ガーーーーーーーーーーーーーン!!!!!

Aくん 「お、やっと戻ってきた。大丈夫?」

私「大丈夫じゃない。心が」
Aくん 「え?」

 こうなりゃ、無理やりなめさすしかない。

私「ねーAくんもさ、リコーダー吹いてみてよ」

Aくん 「は?いや、いいよ俺」
私「ねーお願いです!お願いです!何でもする!」

Aくん「え、なになにこわい無理(笑)」

 頑張って無理やりリコーダーをもたせた私。

私「さあ、なめるのよ!」

Aくん「……なめません!(笑)」

検証結果

 Aくんはたぶん私のことが好きではないし、好きだとしてもたぶん、リコーダーはなめない。

 周りの友達は結婚したりしているのに、私はまだ私を愛してくれる人と出会ってないという衝撃的事実に焦りつつ、次なる挑戦に思いをはせる渋木プロテインおやじであった。

 …to be continued.

次回は<「恋愛催眠テクニック」で男友達を恋に落としてみた>です。
あらゆる恋愛テクニックを使って、本当にモテるか検証する本連載。今回は自己流の「恋愛催眠」で相手を落とそうとする渋木プロテインおやじさんですが…?

前後の連載記事