Loading...

みんな気になる「おフェロ」の響きにセキメ〜ン////〜「ロ」と「ラ」を間違えちゃペケだゾ〜?

時代錯誤なワンレン&ボディコンに身を包み、90年代バブル用語とアーパー(おバカ)な下ネタ全開のパフォーマンスで、今ギョーカイから大注目を集めている地下セクシーアイドルユニット“ベッド・イン”のかおり&ちゃんまい。
ネクストブレイク確実の2人が、“自立した大人のナオン”を目指すバブリーな視点から、イマドキのトレンディな事象をあれこれ解釈しちゃう激マブな連載です!

みんな気になる「おフェロ」の響きにセキメ〜ン////〜「ロ」と「ラ」を間違えちゃペケだゾ〜?〜

ちゃんまい ベッドイン ベッド・イン セクシー バブリー バブル 太眉 シースルーバング

 暑中オ○ニー申し上げます!
大山のぶ代さん以外のボクッ娘を一切認めない、(ネコかタチかと聞かれたら)どっちかと言うとネコ型アイドル、ベッド・インのちゃんまいです!

 早いもので、もう7回目のSOLO活動となりましたネ!
これからも性懲りもなく、MUGO・ん…色っぽく、いや!KOKA・ん…白っぽく、そして黄砂に潮吹かれながら、嵐の素顔をさらけ出してイキたいと思っております!!
毎度毎度、下ネタが多すぎて編集の方に添削していただいてるんですが、でも……ちゃんまいからコレ取っちゃったら胸のピンクサファイアしか残らないから許してチョンマゲ!!!

 Chu~ワケで、さっそく本題に挿入(はい)っていきましょう!
今回のテーマは……じゃじゃじゃ~ん!!!

「おフェロ」どぇす……セキメ~ン////

 あ!今、このなんとな~くの卑猥な響きに反応して、つま先勃ち&つま先走りしちゃったオナッターズの諸クン、調子コイて発射しちゃペケだゾ~?♡
わかりやすく説明すると、「おフェロ」とは、“おしゃれ+フェロモン”の要素が組み合わさった造語で、某女性ファッション雑誌が発信した、今注目のトレンディーな定番ワードなんだって。

 けれど、いまいちピンともチンともピクともこない、この「おフェロ」。
勉強はしないよりしておいた方がいいわ♡っちゅ~コトで、ミ~ハ~に、そしてデ~ハ~に、ちゃんまいがシタの唇ネットワークを有効に使いながら独自調査してみたゾ!

 まず、「おフェロ女子」にとって一番大事マンなのは、「脱力感」……らしい!
ヘアーは前髪をおっ勃てたりせず、決してケープでは固めず、メイクは気張り過ぎずにヌけ感を意識し、ナチュラルにヘルシーな色っぽさを強調することが「おフェロ女子」のポイント……だとか。
思わず触ってみたくなるほどにみずみずしく、粉っぽくない潤った女子のことを言うそうです!

 また、火照ったような表情も特徴のようです。
おフェロ顔の代表的な芸能人は、中村アン、森絵梨佳、石原さとみ、長澤まさみ……そんな「おフェロ」を目指す女子が急上昇しているとかいないとか……。

 要するに、可愛いだけでも、セクシーなだけでもない……それが「おフェロ」なんだってサ(俺たちは白でも黒でもない……GLAYだ!のテンションで挑発∞ってか?)。

 たしかに、たしかに~!
わかりやすい露出や濃いめのメイクで誘惑するわけでもなく、ナニをしているわけでもないのに、ただそこにいるだけで色っぽさを感じる女性っているよね~!

 でも、でもでも~!
こういった魅力的な女性はバブル時代にもいて、当時から支持されていたの知ってた?

前後の連載記事