Loading...

愛のあるセックス?それとも欲望だけ?セフレか本命か左右する運命の分岐点

PR

 夏の終わりを感じさせるこの季節。
楽しい思い出とともに残ったのは、日焼けの痕と同じくらいヒリヒリする心の傷。情熱的に結ばれたカラダとは裏腹に、彼の心は掴めないまま……。

 一夏のカラダの関係からはじまった恋は成就しない? 私は遊び? 彼との関係を“セフレ”で終わらせないためには、どうしたらいいのでしょうか。

一度セフレになると彼女にはなれない!?

運命の分岐点 占い セフレ 社内恋愛

 都内の企業に勤める真由子さん(仮名・32歳)は、社内の男性に片思い中。一度フラれてはいるものの、同期メンバーとして公私に渡り仲良くしているとのこと。

「フラれた気まずさはありますが、同期メンバーでよく飲んだり遊んだりするので、普通に接するようにしていました。ただ……この前、成り行きでエッチしちゃったんですよね

 さらに聞いてみると、仕事のミスで落ち込んでいた彼を仕事後飲みながら励ましていたら、お酒の勢いもあってか、求められるままに身を委ねてしまったそう。

運命の分岐点 占い セフレ 社内恋愛

 今もずるずると関係を続けているけれど、付き合っている確信は持てないまま、別の同僚とデートしていたという噂まで耳にしたんだとか。

「彼にとって私はただの“セフレ”ってわかってるんですよ。簡単に抱かれてしまった私がいけないんですし。もう32歳で、結婚願望があるっていうのに、何やってるんだろう。どう頑張っても“彼氏でもない男にカラダを許す女”を恋人にはしてくれないのに……」

 フラれた辛さを隠して彼を励まし、やっと手にしたセックスのチャンスも結果的に自分の価値を落としただけ。男が悪いだけでは…と言いそうになる自分を抑えつつ、今にも泣きそうな真由子さんに「あんまり一人で抱え込まないようにね」とだけ言い、彼女と別れました。

 そんなある日、真由子さんから突然のLINEが。なんと寿退社を控えた同期の女性がこっそり教えてくれたある“アドバイス”で彼女の運命が大きく変わったそうなんです。 運命を変えた、あるアドバイス