Loading...

ひな祭りはこれ!サーモン好き女子に捧げるヒモ彼氏の「サーモンとアボカドの棒寿司」

サーモン好きな彼女のために…

握りは難しくても置くだけで意外と簡単なサーモンの棒寿司のレシピ画像

 最近よく行くのは、近所の100円寿司のお店。家でご飯を作るのが面倒なときや時間がなくてササッと済ませたいときに、ハンバーガーやラーメンは重過ぎるので、ファーストフード感覚で食べられる回転寿司はけっこう便利。

 優柔不断な私は、目新しい新商品や期間限定メニューに挑戦して、おいしい新発見をしたり逆に撃沈したり。対して彼女はサーモン一筋。もう常連客が馴染みの店で「いつもの」って頼むくらい自然に、席に着くなり電子メニューでサーモン4皿注文します。

 ふたりで初めて回らないお寿司屋さんに行ったときの感想も、第一声は「サーモンなかったね」ってくらいサーモン好きな彼女。

 今回はそんな彼女のために考えた、ひな祭りの献立をご紹介します。

サーモンとアボカドがとろっと溶け合う!
見た目もきれいな「サーモンとアボカドの棒寿司」

握りは難しくても置くだけで意外と簡単なサーモンの棒寿司のレシピ画像

 誰が最初に発見したのか知らないけれど、サーモンとアボカドってなんであんなに合うんでしょう。
味はもちろんのこと、鮮やかなオレンジとグリーンの組み合わせはとってもきれい。

 今回はそんなサーモンとアボカドを棒寿司に仕立ててみました。カリフォルニアロール然り、お米との相性は抜群。カリフォルニアロールは巻くのが少し難しいけれど、棒寿司なら並べてのせるだけだから、すごく簡単です。

 これからの季節、お花見なんかの行楽弁当などにもぴったりです。

「サーモンとアボカドの棒寿司」の作り方

【材料】棒寿司1本分
・サーモン(お刺身用) 1パック
・アボカド 1個
・炊きたてご飯 1合
●お酢(酸味がまろやかな米酢かりんご酢がおすすめ) 大さじ1
●砂糖 小さじ2
●塩 小さじ1

握りは難しくても置くだけで意外と簡単なサーモンの棒寿司のレシピ画像

1.まずは寿司飯を作りましょう。●印の調味料をよく混ぜ合わせ、炊きたてのご飯にかけ、しゃもじで切るように混ぜて冷まします。

【ポイント①】
寿司飯を切り混ぜるときは、うちわなどで扇ぎながら混ぜるとお米が合わせ酢をよく吸い、均一な味に仕上がります

握りは難しくても置くだけで意外と簡単なサーモンの棒寿司のレシピ画像②

2.大きめにラップを敷き、その上に半合分の寿司飯を置き、ラップで巻きつつ、軽くギュッと押しながら棒状に成形していきます。

握りは難しくても置くだけで意外と簡単なサーモンの棒寿司のレシピ画像③

3.アボカドは半割にして種を取ったあと薄くスライスし、少しずつ重なるようにして寿司飯の上に並べます。同じようにお刺身用のサーモンも並べ、再度ラップで巻いて軽く押して形を整えます。

【ポイント②】
アボカドはできるだけ薄く切った方が寿司飯とよく馴染み、形よく仕上がります。

握りは難しくても置くだけで意外と簡単なサーモンの棒寿司のレシピ画像④

4.なるべく切れる包丁でひと切れずつ、キッチンペーパーや布巾で刃をぬぐいつつ切ると、きれいに切ることができます。わさび醤油で召し上がれ!

 棒寿司の作り方を一度覚えてしまえば、色々なお魚で作ることができます。焼いて骨を外した塩さばや白身魚のお刺身などで作っても絶品。アボカドの代わりに大葉やガリ、お漬物などを挟んでもおいしいです。

前後の連載記事