Loading...

忘年会で二日酔いが定番の女子へ!食べる点滴「ミネストローネ」

ヒモ まいったねぇ レシピ 彼女 ミネストローネ ガーリックトースト

 こんにちは、ヒモのまいったねぇです。

 いよいよ年の瀬!
何かと忙しい12月は、忘年会のシーズンでもあります。

 ヒモの私は、気心知れた友達と一回集まるくらいですが、彼女は最低でも週に一回。職場全体、部門、チームと枝分かれしていき、その括りごとに忘年会が開かれるそう。
会社や仕事といった組織から遠ざかって久しい私には、なんだか少し羨ましく感じます。

 一方、お酒は弱いのに気ばかり強い彼女は、無理して飲んで帰ってきてマーライオン。でも、本当に大変なのは翌朝です。二日酔いで「気持ち悪い」と「頭痛い」の二言しか喋れなくなったマーライオンをなんとか普通の人間に戻さなければならないのです。

 今回はそんなときにぴったりな、簡単で滋味深いスープレシピをご紹介します。

トマトの旨みたっぷり!
二日酔いに効く、食べる点滴「ミネストローネ」

ヒモ まいったねぇ レシピ 彼女 ミネストローネ ガーリックトースト

 ミネストローネは野菜をたっぷり使う、イタリアの家庭料理です。

 野菜とベーコンをトマト缶で煮るだけなのに、色々な材料の旨みが溶けあって、驚くほどおいしくなります。

 家庭料理だから使う野菜に決まりはありません。旬のものや、冷蔵庫にある野菜だけでも十分おいしく作れます。

 二日酔いで気持ち悪いときや食欲のないときでも、トマトの酸味のおかげで、すんなりお腹に収まって、優しく体を温めてくれます。

「ミネストローネ」の作り方

ヒモ まいったねぇ レシピ 彼女 ミネストローネ ガーリックトースト

【材料】
・ニンニク 1片
・玉葱 2分の1個
・じゃが芋 1個
・ニンジン 3分の1本
・セロリ 2分の1本
・その他の野菜(キャベツや白菜、豆類などをお好みで)
●ベーコンの細切り 2枚分
●トマト缶 1缶
●水 700cc
●鶏ガラスープの素 大さじ1
●塩 小さじ1
●ケチャップ 小さじ2
・オリーブ油 適量
・パセリのみじん切り(あれば) 適量

ヒモ まいったねぇ レシピ 彼女 ミネストローネ ガーリックトースト

1.野菜はニンニクをみじん切り、それ以外はさいの目切りに。
鍋にオリーブ油を引き、ニンニク、玉葱、ニンジン、じゃが芋、葉物野菜、豆類の順に炒めていきます。

【ポイント】
野菜はできるだけ大きさを切り揃えると、食感がとても良くなります。

ヒモ まいったねぇ レシピ 彼女 ミネストローネ ガーリックトースト

2.野菜がしんなりしたら、●印の材料を加えて沸騰させます。アクをすくい、蓋をして、スープの表面が軽く揺れる程度の火加減で20分ほど煮込みます。

3.器によそい、仕上げにパセリのみじん切りを散らしたら出来上がり。
お好みでタバスコを少し振ると、ピリ辛になって体も温まります。

前後の連載記事