Loading...

アイメイクはマスカラだけでよい!?男を惚れさせるためにやるべきこと

PR

 今回は、恋愛に役立つアイメイクについて下田美咲さんにお話を伺いました。
常識に染まってしまうと中々できないメイクに対する考え方を伝授してくださっています。特にマスカラにしっくりきてない人は必読です!
また最後の方に目を使った男を落とす方法も聞いたので、ぜひラブライフにお役立てください。

アイライン・アイシャドウバッチリは上まぶたが
美しい人向けのメイクだから!

下田美咲 アイマニア マスカラ メイク アイメイクについて語る下田美咲さん

――下田さんは日本人女子のアイメイクについて、どう思いますか?

下田美咲:まず、日本の女子って、上まぶたのバランスがおかしい子が多いから、そこを一番気にした方がいい。ひっこんでたり、二重幅が狭かったり、ほぼ全員が上まぶたに何らかの偏りがあるから。 たとえば、雑誌でアイライン、アイシャドウしっかりのメイクがあるけど、あれは上まぶたが美しい人用のメイクであって、ふつうの人がやると目がドン詰まりになる

――(笑) となると、アイメイクで意味のある工程ってあるのでしょうか…。

美咲一番やりようがあるなと思うのがマスカラ。ビューラーしたり、マスカラで伸ばすことで、アイホールのバランスと眉毛までの位置を調整できるから。メイクは調整することが一番大事で、調整以外は「お絵かき」になってくるから、違和感を顔に足すことになる。

――そうなると、まつ毛はかなり大事なパーツですね。

美咲:そう。あとまつ毛が汚いのは論外。男子にとって、まつ毛はきれいなのがデフォルトだし、最近始めたカウンセリングのイベントではメイク相談が多いから、その人に似合うメイク方法を見つけるっていう作業を沢山しているのだけど、その過程でまつ毛が顔にとって超大事なことに気づいて。
で、マスカラって塗る人の技術は関係なくて、仕上がりはマスカラのポテンシャル次第で、ほぼ決まる。マスカラがだめだともうだめなんだよね。だから汚くなるマスカラ持ってたらすぐ捨てていいよ。