「軽い女」だからってナシにならない

 それから、「付き合う前にヤったら『軽い女だな』って思われてフラれるかも」という件ですが、「思われて(誤解)」しまうわけではありません。そこは本当にそうなんです。
付き合う前にやっちゃったんなら、それはもう事実、あなたは軽いんです。
「本当は私そんな子じゃないのに、軽いと誤解されちゃう」って、軽いと思われることを「誤解」と思ってるあなたこそが自分を誤解してる。あなたは軽いんです。そこは諦めないと。というか認めないと。
いくら相手のことが好きだからって、付き合ってないのにセックスしておいて「軽い女って思われたくない」というのは、自己評価がおかしい。

 本当に堅物な女の子は何があってもやらないです。私の友達がまさにそうですが、本物のお堅い女子は、どんな状況であれ本当に絶対やらない。
そのことでどれだけ場をシラけさせるとしても、断固として「わたし帰る」と明言します。どれだけ会が盛り上がっていても、絶対に終電で帰る。

「軽い女」とは、あなた程度の貞操感を持つ人のことを差す語なのです。

 それにセックスしたから「軽い女」って思われて付き合えない、ってことは、基本的にないはず。
相手だって同じ条件でセックスしているわけで、自分もしてることで相手を軽蔑したりしません。ほとんどの男性は、そんなにひねくれてないです。
「軽い女だから付き合う気持ちがナシになった」ってことであれば「髪が長いから好きだったのにショートにしたから別れる」みたいなことで、そもそもその程度。恋されてない。

 あと「『この女、付き合ってない奴とも簡単にセックスするのかな?』ってカマかけだったら、どうしよう?」という件に関しては、そんなカマをかけてくる男の人なんて、まずいない。
でも、稀にはいるかもしれない。いるかもしれないけど、そういう人って、付き合ってからも色んなカマをかけてくるだろうから、いつか引っかかって、結局ダメになってしまうと思う。
そんな彼氏欲しい?って話。

 次回は「せっかく好きな人のセックス枠に入れたんでしょ!しとかないと損だよ!」というさらに基本的な件について、お話していこうと思います。

Text/下田美咲
構成/渋谷チカ

前後の連載記事