タスクが多すぎて疲れ果てる女子たち

S:採用する立場でいうと、幸せのレベルが低い人の方がいいんだよ。小さなことで喜べる人の方が長続きするから。
僕らの古巣の会社って欲張りな人が多いイメージだけど、違うんだよね。じつは幸せを見つけられる人が多い。

アル: あと、自己洗脳が得意な人が多いと思う。
「俺はこれが幸せなんだ!!」と思いこめるというか。

S: うん、それもある(笑)。
ただ結婚もやっぱり「幸せを見つけられる・幸せを感じられる」のがカギかなと。
それと、結婚で全てを満たさなくていいと思う。

アル:全てを満たすのは無理ですよね。だから、コンプリート欲求の強い人は難しい。あれもこれもと求めるとキリがないから。
たとえば、私は夫と外食や旅行をしないんですよ。そこは女友達で満たして、夫は家でご飯食べるのが楽しい相手なんです。

S: うん、そうやって適材適所で分散できた方がいい。

 でも、そうだな…男子を見ていると「欲がない」って感じる。
女子の方が欲があるというか、上昇志向も強いし、「綺麗な服を着たい」みたいな物欲も強いし。

アル: それは、女は男社会で頑張らないと就職や出世が厳しかったからですよ。それは今もそうだけど。
会社で生き残るには男の何倍も努力をしなきゃと頑張りつつ、見た目も綺麗にしないと「女として終わっている」とか言われるし。
必死で働きつつ、恋愛して結婚して子どもも産まなきゃ…とタスクが多すぎて、疲れ果てる女子は多いです。

S: でも、うちの妻みたいに「専業主婦がいい」って女子もいるしなあ。

アル: だから?

S: いや、だからというか…。

アル: ガッカリですよ、Sさんがそんなこと言うなんて。

 私、大学の卒論のテーマが「女性と労働」だったんだけど、ゼミの教授から「うちの妻みたいに専業主婦がいいって女性もいるしね」と言われて、「だから?あんたの嫁と私の卒論カンケーねえだろ」とムカつきました。

S: いや、僕が個人的に接点のあった女性は働きたくない人が多かったから。

アル: それSさんがエリートだからですよ。そういう人には専業主婦志向の女子が寄ってくるから。

S: そうか…。

アル: すみません、ズケズケ言って。歯に着せる衣を持ってなくて。

S: ううん、大丈夫、気持ちいい。

アル: 気持ち悪いな(笑)。

前後の連載記事