大人女子と子供おばさんの恋愛の違い

嫌いな人こそ反面教師に!引き寄せられた縁を上手に活かす方法/大人女子と子供おばさんの恋愛の違い

「イヤだ」「嫌い」と愚痴る前に、引き合わされた縁を上手に活かす方法を教えます。


職場に子供おばさんが!?

 職場に“子供おばさん”がいることで、悩んでいる人も意外と少なくありません。
こういうお悩み相談をいただきました。

「職場に年上の子供おばさんがいます。私のすることに気に入らなくて、陰口を言い降らしているようです。それでも同じ職場なので、こちらから歩み寄ろうとしても、なかなか聞く耳を持ちません。どうしたらいいでしょか?」

ひかり 大人女子と子どもおばさんの恋愛の違い
by Harald Groven

 職場で子供おばさんが嫌悪感を表す女性社員に抱いている感情は、“嫉妬心”である場合が多いもの。自分よりも目立つ存在が許せないから、そんな足をひっぱるような行動に出る場合が多々あります。
周りの人もそれに気付いているものなので、直接子供おばさんと仕事で関わり合う必要がなければ、同じ土俵に乗らないことで、むしろ社内での自分の評価は上がります。

 ただ、どうしても関わらなくてはいけない場合は、嫌々接すると相手に伝わってしまうので、相手の良いところを探し、認め、立ててあげると、むしろ味方になってくれることはあります。

 基本、人は“自分を認めてくれる人”を認めます。なぜなら、その人を否定すると、「自分が認められている」事実も否定することになるからです。
100%悪人の人というのは、そうそういません。そういう人だったら、職場にいられるはずはありません。また、その子供おばさんとうまくやっている社員も中にはいるはずです。

 相手が残念な人であっても、うまく対応できない自分にも“落ち度”があることを理解して、上手に付き合っていきたいものですね。