差取ってみませんか?

 子供おばさんは、“自分の基準”を持っていないので、人と比べることでしか、自分がどの立ち位置にいるのかが分からないでいます。
でも、実際は、人と比べている場合ではありません。

 人それぞれに、良いところも悪いところがあるものです。自分よりもあらゆる全てのことに恵まれている人というのは、そうそういるものではありません。
狭い視野と価値観の中で、自分が持っていないことばかりを数えて、嫉妬や劣等感を抱くなんてことは、本当に意味のないことなんです。

 恋人がいようが、いまいが、結婚していようが、いまいが、子供がいようが、いまいが、どんな職業に就いていようが、自分らしく輝いている人が、幸せに決まっているからです。

劣等感を解消する方法は、「自分を愛すること」

 劣等感を持っている人は、「自分を愛すること」が大切です。
自分を愛するとは、「ありのままの自分を受け止め、自分の成長を願うこと」です。

 人と比べてしまう習慣は、すぐには抜け出せないかもしれません。でも、もし比べてしまって、自分の方が劣っていたときも、“思考”を変えることができれば、劣等感を増やすことを防ぐことができます。
つまり、相手の方が勝っていたとしても、「そんな自分にも良いところはある。こんな自分でもOKなんだ」と、“ありのままの自分”を受け止めるのです。

 その上で、成長したいことがあれば、努力すればいいだけのことです。「自分はどうしてダメなんだ」なんて、責める必要はありません。シンプルに成長すればいいのです。
このように、自分を受け止め、成長していくうちに、自分のことを認められるようになり、人と比べることの意味のなさも感じられるようになるでしょう。

 そのとき、大切なことも気付くと思います。
人生はいつだって、「自分との戦い」ということを。

 人と比べてどうなのか?なんてことは、小さな世界の話です。
環境が変われば、周りにいる人たちも変わってきます。その度に、人と自分とを比べていても意味がありません。自分は自分らしく成長し、輝けばいいのです。

前後の連載記事