寂しがりやなのに人付き合いを避けてしまう/オネエ精神科医のアドバイス

独りにしかなれず、でも独りが嫌いなアナタへ

Tomy 恋愛
artist in doing nothing


 秋、そこはかとなく寂しげな季節。この間まで暑い暑いといっていたのに、気がつきゃ街中でダウンが売られていたり、おせちの予約が始まっていたり。
少しずつ冬に近づいているのね。

 こんな気分のときは、やはり中島みゆき
アテクシのドライブミュージックは最近ほとんど中島みゆきでございます。

 さて、皆さん中島みゆきさんの「ひとり上手」という唄をご存知かしら?
決してひとりが好きではないのに、気がつけばいつもひとりになってしまう。そんな女性の切なさを、見事に歌い上げた名曲です。

 てなわけで、今回はこんなお悩み相談を取り上げてみようと思います。

S.Fさんからのメッセージ(24歳、住宅関係)
「人付き合いが面倒、でも孤独で絶望的になることがある」

 私は寂しがりやなのに、人付き合いが面倒です。本当に自分の好きな人(男女共に)しか興味がなく、他の何とも思わない人たちをどんどん切っていってしまい、孤独を感じてしまっています。もうどうせ連絡取らないだろうなと思ったら、ブロックしてしまうので、数人しか知り合いがいません。

 それで堂々と生きていけばいいのですが、時々「私は友達がいない…孤独だ…」と絶望的になってしまいます。男友達も、所詮男女の友情なんてどちらかが好きなんだ、あわよくば体の関係を狙っているんだと思ってしまい、作れていません。でもどこかで、男友達とも楽しくご飯食べたり、話してみたいな…と思う自分もいます。

 こんな矛盾している自分が苦しいです。 どう考えを改めたら、もっと気持ちが楽になるでしょうか。

 こういう方、結構多いんじゃないかしら? 寂しがりやなのに、なぜかひとりになってしまう。その理由をアテクシは「損失回避」のためじゃないか思うのよ。

「損失回避」とはこういうことです。