ただの弟タイプかも!教育すれば解決する余地あり

話の流れでいうと、「こんな人やめときなさい」ってことになるのですが、今回の場合、アテクシの意見は違います。
年下なので、もしかしたら「リードしてくれるお姉さんが好きな弟タイプ」の彼氏かもしれないからよ。

おまけ話ですが、ゲイの場合、男役のタチと女役のネコ(ウケ)というのがあります。
これは、日常生活で「リードする役割(タチ)」か「リードされる役割(ネコ)」か、という意味合いも含みます。

で、ゲイじゃなくても、ネコ気質な男っていうのはいると思うのね。
つまり彼女の言うとおりに素直に従うほうが肌に合っているような男です。
そういう男にとっては、「どういうときに、どうお金を払うのか」よく学習しないままに大人になっている可能性があります。

簡単に言うと「ここはいいよ」「ここはいくら出して」みたいな感覚に自信が無いので、相手が言い出すのを待ってるんじゃないかと思うのよね。
で、相手に任せているから、さらに金銭感覚を学習する機会がなくなる。
その繰り返しでここまで来ちゃったんじゃないかと思うわけ。

こういう人の場合、支払いについて「こういうときは、こうするんだよ」ってことをちゃんと教えてあげればそれで済むこともあるのよ。
1年付き合っていて、他は問題なさそうなんだし、好きならアナタが教育するつもりで付き合ってもいいんじゃないかしら?

実はアテクシも昔アナタの彼みたいなところがあって、ジョセフィーヌにみっちり教育されたのよね。
ジョセフィーヌ曰く、今ではだいぶ改善されたらしいです。
根気は要るかもしれないけれど、彼が直そうとする意欲があるなら、きっとなんとかなるわよ。

参考になったかしら?

Text/Tomy

前後の連載記事