動物的「勘」で結婚!

 最近、その動物的「勘」で異性を選び、結婚をした友人がいます。その日本人の彼女とはパリで出会ったのですが、今は日本人男性と 新婚生活を満喫している様子。

 久々の再会を果たし、旦那さんも紹介してもらったのですが、なんと10歳近くも年下の20代! 彼のツルッツルな肌の若さに驚きを隠せませんでした。

 初めて2人が出会った時の様子からなれそめを聞いてみたところ、彼女の方が彼にひっかる何かを感じたというのです。

 まず、彼の話している内容がその場にいた人たちと全然違っていたといいます。彼だけなぜか15分ほどずーっとカレーについて熱く語っていたのだとか。

 その日に2人は面と向かって話したわけではないのだけれど、気になった彼女はFacebookで彼に友達申請をし、メッセージのやりとりが開始。一緒にご飯を食べに行くことになりました。

 初めてのデートで話が弾んだかというと、それどころか文系の彼女と理系の彼の違いを思い知ることになったのです。ようやく会話の糸口がみつかったのは、彼女が生まれ育った故郷の話をした時でした。

 それから急接近した2人。手を握りあった瞬間のことを彼女はこう語っています。 「これまでにない安心感のようなものがあったんです。キスをしてそれを確信しました」

 出会って数ヶ月で結婚を決め、入籍時にはもうお腹に2人の赤ちゃんが…。

 彼と出会う前後から、彼女の口から「そろそろ結婚したい、妊娠したい」という言葉を聞いていました。

 彼女にとっても、結婚をしたい人生のタイミングもあったのでしょう。そんな時に出会った彼。

 まだ目立たないお腹をさすりながら彼女は
「高校生くらいから、なにを目的にして生きたら良いか分からなかったんですよね。でも、彼と出会って生きる意味、目標のようなものがやっとみつかったようで幸せです」
とキラキラしながら語っていました。

前後の連載記事