7割がツイート禁止なんだからAMのトークイベントなんてレポートできない/服部恵典

去る2018年2月15日に阿佐ヶ谷ロフトAで開催された「AM」のお誕生日会イベント!デイリーポータルZより編集長の林雄司さんをお迎えし、ナマでなければ聞けないほぼツイート禁止のトークをお送りしました。こちらのレポートでは「書ける範囲だけ」のイベント詳細をお伝えします!

 このイベントレポートがつまらなかったとしても、それは私、服部恵典のせいにはしないでほしい。AM編集部のせいだ。しかしそれは、AM編集部がつまらなかったせいではない。面白すぎたせいである。

ツイート禁止棒が立ちっぱなし

 AMが6周年をむかえた翌日の2月15日、阿佐ヶ谷ロフトAで行われたトークイベント「フリースタイル恋愛メディアAMの誕生日会」は、大盛況のうちに幕を閉じた。だが、その興奮が外まで届いていないのは、「ツイート禁止棒」のせいである。

 編集部がこの棒を立てたら、外に出せないヤバい話のサインである。聞いた人は胸にしまって、墓場まで持っていかなければならない(墓石に刻みこもう)。しかし、3時間のイベントのうち、7割ぐらいはツイ禁棒が立ちっぱなしだったと思う。そんなイベントをいったいどうやってレポートしろというのか。

 19時30分、5名のAM編集部員が壇上に登場し、自己紹介より先にツイート禁止棒の説明を始めた。そんなイベントだが、引き受けたならレポートするしかない。

AM5年目を振り返る

 まず最初のコーナーでは、AM開設5年目を4つの大事件の紹介で振り返った。

 1つ目は、言わずもがなの「同人誌フィーバー」だ。第1回webメディアびっくりセールのために書き下ろされた同人誌『童貞の疑問を解決する本』はバズりにバズって、商業出版化までした。  

 2つ目は、新しい編集部員である橋本サキさんの入社。編集部員の選考基準は、「ヤバい女は入れない」らしい。

祝5周年!フリースタイル恋愛メディアAMの裏話座談会の使用スライド

 ヤバい女とは、ここでは「社会性のないまともな人」のこと。だから逆に「社会性のある狂人」を入れようと思ったときに、橋本さんを選んだそうだ。
でも「社会性のある狂人」ってもっとヤバくないか。ジョン・ゲイシーみたいな奴だったらどうするんだ。

 そして3つ目と4つ目の事件は書けない。丸ごとツイート禁止棒が立った。こんな調子で本当にイベントレポートが成立するのか?