• love
  • 2017.07.31

「マッチングアプリでセフレ作らなきゃ帰れま10」のはずが、ガチ恋/アマゾネスいとう

「マッチングアプリでセフレを作ってこい」とAM編集部から命じられた、そこそこブスでおなじみのアマゾネスいとう。いつ抱かれてもいい万全な状態で全身にボディクリームを塗りたくりデートに行くと、そこに現れたのは…

Poiboyで出会った一徹似のデート相手の画像

 「マッチングアプリでセフレ探しをしてほしいんですよ」
ニコニコと穏和な表情で編集Iさんに切り出されたとき、正直に「何言ってるんですか?」と真顔で聞き返しました。3回くらい聞き直した。

 「AMの会社が運営しているPoiboyってマッチングアプリがあるんですけど、そこでほんとに出会えるのかどうか取材してほしいんです」
いやいや、取材ってセフレ作りのこと? その方向性でいいのかよ、Poiboy。

 こちとら自他共に認めるそこそこブス。「ブスは待つな、自分からいけ」をモットーに、顔面を活かした絶対に美人局とは思われない逆ナンパを繰り返し、泉のように溢れ出る性欲を満たして20数年生きてきました。また、世界各国の旅先でさまざまなマッチングアプリを試し、酸いも甘いも噛み分けてきました。

 「ネットで出会った人と会うのは危ない」と怖がったり、忠告してきたりする人が大勢いますが、合コンや婚活パーティーなどで初対面の男たちと会話するのと何が違うのでしょうか。私にとってはその方がちょっとリスキーに思えます。

マッチングアプリなら顔やプロフィールで相手を選び、お互いの人柄を知って気に入ったら会うのだから、ハズレばかりの合コンに行き金銭的・時間的コストをかける現実よりよほど効率的。ボーイとガールがこんなに簡単にミーツできて現代のロマンスの神様マジありがとうって感じです。

 ともかくこのセフレ作り企画、Iさんがそれでいいなら私はいつも通り使うだけですし……と友達(セフレ)100人できるかな♪と軽い気持ちで受けました。

若いイケメンを食うべくポイポイします

 その場でダウンロードしたPoiboy、次々と出て来る男の子の写真をお題に合わせて選ぶ(ポイする)という仕様なんですが、驚いたのはその若さと爽やかモデル感
これ、ほんとにサクラとかいないの? マジモン? ってくらい渋谷あたり歩いてるイケ大学生っぽいのがゴロゴロ。みんなミスター青学では? そして驚異のSNOW加工率で若さのボディブローを喰らいました。

Poiboyのサンプル画像

 どうやら、女性は主導権を握って男の子を選べますが、男性側は選ばれない限り自分からアクションを起こすことができないみたい。なのに女性は完全無料って、もう清々しいほどの格差社会。だから選ばれる自信がある男性ばかり集まる魔法のシステムなんですねー。頭いいな。

 と、いうことで「どうせなら若いイケメンが食いたい」とメス剥き出しで始めてみました。あれもこれも、みたいな感覚でポイポイポイ……。まさしくイケメンのビュッフェや~!

 そして男性側は選ばれ待ちなので、ポイしたらすぐメッセージを送って来てくれます。はぁ~メンズたち、ちょっとみんな私に必死すぎ~! 落ち着け~! と夢にまで見た受動的なオートマティックモテ。わいが今まで必死でやってきた逆ナンパは何だったんや……。

待ち合わせ場所に現れたのは、まさかの

 そしてアプリ始めて一週間後、何十人もの殿方とやりとりした中で一番最初にごはんに誘ってくれたYさんと、取材の一貫ということをご了承いただいた上でデートしてきました。

 と、いうのも多くの男性が「ポイありがとう!よろしくね!☆」などのシンプルな(コピペか予測変換でパッと出てくるのであろう)メッセージだったのに対し、Yさんが

「はじめまして!Yと申します(^0^)/
さりげなく荷物持ちますし、気がきく方だと思いますよ(笑)
よろしくお願いします!」

 と「さりげなく荷物を持ってくれてキュンとしたい」というお題で私がYさんをポイしたことに言及してくれ、色んな女の子に送る用メッセージの使いまわし感がなく、きちんとした自己紹介で好感を持ちメッセージを続けられたからでした。

 最低限のマナーや礼儀を守ることができて、楽しくコミュニケーションが取れる相手か否かというのもメッセージやプロフィールの第一印象で見極められるので、ここは大事だなと実感。世紀末みたいな倫理・価値観の人とは良いセフレになれないと思いますしね。

 Yさん、日程やお店や決め方とかもスマートで、私の都合の良い場所を聞いた上でその周辺にあるスモーク料理専門店というハズレなしのおしゃれなお店をチョイス。これはスマートにベッドインの可能性が……とその時点で会う前から期待値大。
でも写真盛っているのは確実だし(私も同罪だし)、とんだドブスの可能性も……と待ち合わせ場所にいってみたら……

 一徹? エロメンの一徹くんですか?

Poiboyデート相手の画像

 一徹くんにそっくりのイケメンがいました。いや写真より良いんかい! 色白で高身長、中性的な顔立ちの……ええと、ご飯前に一旦ホテル行きませんか。

 表参道のおしゃれな町並みを歩き、目的のお店へ。この人とならサイゼリヤデートでも「天使が私たちを見守ってくれてる……」と天に召された気分になるかもしれない。

 「長年付き合って親にも挨拶した彼女と最近別れちゃって。もうアプリに頼るしかないって思って登録しました」

 と、Poiboyを始めたきっかけを教えてくれたYさん。今回Poiboyで会うのは初めてだとかで、Poi童貞とPoi処女のふたりエッチみたいなデートが始まりました。

ほんとにPoiboyにイケメンいるの?

持ち帰るのかいどっちなんだい

Poiboyデートで

 会話もリードしてくれて旅行や地元が近い話で盛り上がり、おいしい料理も先手をとられてスマートに取り分けてくれ、オススメのクラフトビールも間接キッスで一口もらって……こ、こいつデート上級者だ!!

「Yさん、すごく紳士ですよね。気の遣い方がうますぎる」

「年の功ですよ~。チャラく見えます?」

「チャクラが見えます」

 私がアプリで出会った人たちの中でも最高クラスの楽しいデートです。みなさん、最高のデートをすると、なにが起きるか知っていますか?

“恋”

 なんすよね。

 企画としてセフレ作らなきゃ帰れま10、ライター失格、わかるんです、わかるんですけど「この人とはそういう関係になりたくない」っていうか……とにかく一晩で勝負かけたりするような雑な相手じゃないなって……すみません、唐突にオンナになってしまって。でも、昔捨てたはずの感情が……ここで復活しちゃうとは私も想定外で……。

 そして彼もたぶんですが、女の子をそういう風に扱えるタイプの方じゃない、優しい人なんですよね。そう思わせちゃうくらいピュアデートだったんですよ。(これでほんとは外道だったらそれもそれで興奮する)

 そんなわけでデートはHUNTER×HUNTERの今後やNetflixのオススメドラマの話題で盛り上がり、二軒目のバーまで行ったけど健全に11時には解散。

 「よかったらまた会いたいなって思うんですけど……」と言われ、次に会う約束を交わして駅まで送ってもらい(後ろ姿が見えなくなるまで見送った)、帰りの電車の中でお礼のLINEをしました。ここまで一切の性的な会話も、口説きも、仄めかすような誘いもなかった。できなかった。これガチ恋やんけ!

 と、いうことで編集Iさんには申し訳ないですが、セフレ探しはちょっと断念させてもらい、彼とは将来を見据える関係を目指すので今後も応援よろしく……と企画をぶん殴り倒してここで失礼します。

 最後に一言、Poiboy、マジで出会えます。
私は残念ながらガチ恋しちゃいましたけど、相手を入念に選べばセフレもわんさか作れると思いますよ☆
Poiboyでガチ恋はじめますか?
Text/アマゾネスいとう