• lovePR
  • 2017.04.19

「セックスしたい女」との違いは〇〇にある。女として勝ちにいく脱毛/北条かや

男性にとって、女性がセックスの対象から対象外へと変わるのは簡単なこと。そんなきっかけのひとつが○○の濃さ。ほかの女性より○○が薄いと言われると、勝った気分になってしまうことも。最近そんな体験をしたのが、北条かやさん。身体の表面を美しく整えることから、「女」であることについて考えてもらいました。

「セックスの対象内」に入りたい

 男というのは女を、無意識にセックスの対象として見られるか、それとも対象外か」の2種類に分けて見ていると思うのです。まあ女もそうかもしれませんが、その「対象」かどうかは、とても小さなことがきっかけで入れ変わることがあるそうなんですね。

先日、元ホストのヒモ(私は敬意を込めて「ヒモさん」と呼んでいる)に、「私さぁ、背中の毛が気になるから全身脱毛したいんだよね~」と打ち明けてみたのです。私は背中の毛に関する悩みを告げるふりをしつつ、実は「私の背中の毛がどう見られているか」を、ちょっと知りたかった。ヒモさんの答え次第では、私がどのくらい「対象」かどうかが分かるかもしれませんし、どうすればもっと「対象」だと思ってもらえるか知りたかったんです。

北条かや 背中 脱毛

 ヒモさんは私の背中を見つつ、「うーん、そこまで濃くないけど生えてるね~」と返してきました。いやいや私は、そこまで濃くないというそれをきちんと処理すべきかどうか、他の女と比べてどうかを教えてほしかったのです。

元ホストのヒモさんがこれまで見てきた他の女たちと比較して、どのくらい毛が濃いとか薄いとか言ってくれれば嬉しいのに。そうやって私の「女度」を診断してくれたら、私は彼の「対象内」にいるかどうかが分かって、ナルシシズムを満たすことができるのに。

「セックスの対象」に変わる方法

佐々木希にそっくりな女子の背中がジャングルだった

「そういえば昔、佐々木希にそっくりなお水のお客さんがいてさ」

私の思いも知らず、ヒモさんは続けます。ふぅ~ん佐々木希似の客ね、いいね美人なお客さんがいて……。

「最初、ものすごい可愛いって思ってたんだ。でも後ろ姿を見たとき、すごい背中の毛が濃くてびっくりしたの。本当に引くほど濃くて、一気にそういう対象としては見られなくなってさ。それに比べれば全然、北条さんは薄い方だよ~」

ピーーーーン!! 私のナルシシズムセンサーが反応します。毛の濃さにおいて、私は佐々木希似の夜職女性に「勝った」のです。誰もが可愛いと振り返るその客の背中を見た時、ヒモさんは一気に「そういう対象として見られなくなった」。一方、私は、その佐々木希(仮)より毛が薄い! ひとつだけ勝ってる! 嬉しい!

 過去の佐々木希(仮)とひとり勝負して舞い上がる私の心など知らず、ヒモさんは続けました。

「女性って意外と、背中からどう見えるかを気にしないんだよね。お客さん見てると、ヘアスタイルも後ろから見たらペタンとしてたり、つむじが見えちゃってたりするのはよくあるし、バックスタイルって重要だと思うなぁ~」

佐々木希(仮)に勝ちたい!

体の表面にやどる「女」のナルシシズム

 心理学者の小倉千加子さんは『オンナらしさ入門(笑)』という本の中で、「女らしさは身体の表面そのものにある」と言っています。

女子は男子に比べると、身体の表面=皮膚を意識しないといけない場面が確実に多いんですね。髪の表面にアホ毛が立っていれば恥ずかしいし、お肌は白くつややかでいた方が喜ばれますし、胸が膨らみ始めれば下着によってその感覚を意識します。体毛の濃さも皮膚にあらわれてきますから、剃ったり抜いたりして女らしく整えなければなりません。

自分がどのくらい女らしいかどうか気にする女は、体表を意識せざるを得ないのです。ムダ毛もそのひとつ。私はだからこそ、ヒモさんの客である佐々木希(仮)と勝手に勝負して、体毛の濃さから「女」として勝ったと喜んでいるわけです。そうして女のナルシシズムを満たしているのです。

背中の毛ってどうしたらいい?

好きな男ができると身体の表面を意識し始める

北条かや 背中 脱毛

 服を脱いだ身体の表面は、他人の目線と自意識がまじりあう場所。些細な違いでも人と比べて、悩んでしまうところです。心理学者の小倉千加子さんは、「女子が心配することは常に身体の表面で起こっている」といいます。

女子は身体の表面に生きているといってもいいぐらいです」……そう、私はヒモさんという好きな男を前にして、自分の身体の「表面」を強く意識するようになりました。

好きな男ができると、「女」がむくむくと皮膚の上に現れてくるんです。異性を意識していないときはムダ毛処理すらしないのに、好きな男ができたとたん、彼の視線がそそがれる(はずの)体表をきれいに整えて、「女」になろうと努力しはじめるんです。

最近は、全身脱毛してつるつるの体表を手に入れたいと思っています。身体の表面を美しく整えて、もっともっと「女の快楽」を知りたい。ヒモさんに、もっと魅力的な女だと思われたい。

それを言ったら、「え、今のままの北条さんでいいのに」と言われました。嬉しいような、空振りしたような、複雑な気分です。せっかく体毛において他の客に勝ち、もっともっと「上」に行きたいと思っているのに。彼の1番になって、自己愛を満たしたいのに。

今日も私はナルシシズムを感じたいがために、身体の表面に宿る「女」を磨こうと必死なのでした。そうやって試行錯誤して悩むのが「女」を生きている証拠ですから、ある意味、幸せなのかもしれません。

「女の快楽」を知るには

Text/北条かや


◆AM編集部からのお知らせ

 北条さんが言うように、恋をすると今まで気にしていなかった「カラダの表面」が気になるもの。いつでも彼の「対象」でありたい、という女性の気持ちに応えるのが『シースリー』

北条かや 背中 脱毛

『シースリー』は9ヶ月0円から始められる全身脱毛サロン。
全国各地に店舗があり、すべて駅から徒歩5分以内という好立地。その日の都合で好きな店舗を選べます。しかも、オンライン予約は24時間可能。

 施術を担当してくれるスタッフは「脱毛専門学校」を卒業した“脱毛のプロ”。安心してお任せできるうえ、業界唯一となる無償の「脱毛品質保証」で、施術終了後も納得いくまでメンテナンスを受けることができます。

 サロン脱毛で起こりがちな「数年したら生えてきて、また通わなきゃいけなくなった」「追加料金を取られた」という心配もありません。料金の心配なく生涯通い放題だから、憧れのツルすべ素肌が確実に手に入るんです。

エステ脱毛「シースリー」とは?
北条かや 背中 脱毛

 一般的なサロンでよくある「ワキだけ」「ひざ下のみ」というパーツごとのメニューも、日数や料金がかさんでサロンへ通うハードルになりがち。でも、『シースリー』なら全身360度の施術が可能で、しかも最短45分で全身脱毛ができるんです。

 一度に全身の脱毛ができて、全身永久保障もついた『シースリー』の脱毛。完璧なツルすべ素肌を手に入れて、ムダ毛の悩みから解放されませんか?

9ヶ月0円で始めるエステ脱毛