モラハラ男を見抜くポイントは?話し合いが好きな男性は要注意な理由

ミカコちゃん:「ねぇねぇイシジマ、AM読者様の中で一番、付き合う前にモラハラ男を見抜く嗅覚が強い女性って誰?」
担当編集I嬢:「外面が良い男性も多いみたいなので難しいですよね」

今週のテーマは「モラハラ」です。ひと昔前は「ハラスメント」と言ったらセクハラ、パワハラくらいでした。両方とも、主に職場で起きるハラスメントですよね。対してモラハラは、職場よりも恋人間で起きる割合のほうが多いように見受けられます。

モラハラについて考察する前に、せっかくの機会ですから、色んな「ハラスメント」を調べてみましたよ。

まずはブラハラ。ブラジャーハラスメントじゃないですよ、ブラッドタイプ……つまり血液型によるハラスメントです。「これだからB型は……」みたいな決めつけはハラスメントに該当します。ほか、セクハラならぬゼクハラ。同棲中の部屋にしれっとゼクシィを置き、結婚を急かすハラスメントです。そして「コクハラ」。脈ナシの相手に告白をすることが、ハラスメントになる場合もあるんですね……なんだか切ないなぁ。

挙げていくとキリがないので、これくらいにしておきましょう。話を戻してモラハラとは、言うまでもなく「モラルハラスメント」の略。モラルを和訳すると「倫理」「道徳」なので、倫理や道徳に反した……つまり精神的な嫌がらせを意味します。「精神的な」なので、肉体的暴力を伴わない嫌がらせってことになりますね。逆から言うと「言葉による暴力」がモラハラです。

好きになった相手がモラハラ男か否か、見抜くのは非常に難しいです。と言うのもモラハラ男って、最初は優しかったりするもんなので。その優しさを信じて結婚した途端、モラハラ化するパターンもあるので、なにがなんでも事前に回避せねば! 

モラハラ男を見抜く方法は…

今こそ全ての日本国民に問います。

モラハラ男を見抜くポイントはどこにあるのでしょうか? 

そんなことも知らずに、やれ「最近はロジカルハラスメントって新語も登場したぞ」とか「正論で論破する系ですね」などと言っている日本人のなんと多いことか。

しかしミカコちゃんは知っています。モラハラ男を見抜くポイントは……!? 

「話し合いをしたがる男性は要注意」です。

前後の連載記事