縁を切れない相手とどう向き合うか

謝罪されたとき、「今後は絶対にないようにします」と言っていた。けれど、同時に「つい、カッとなってしまう」とも言っていた。誰かに対して怒りたくなることは、誰にだってある。でも、今までの人生のなかで、人に怒鳴ると相手がどう思うのか? その後、自分にどのような影響があるのか? 周囲の人は自分にどんな評価を下すのか? を瞬時に考えることができず、まともにアンガーマネージメントの方法を覚えてこなかった人間が、今後も同じことを繰り返さないなんてあり得るのだろうか。私は無理だと思っている。

しかし残念なことに、彼とは同じ業務を行わなければならない。一応、社内(というか部署)ではとうの昔に解決したことになっているから、端から見たら私が彼に素っ気ない態度を取っているように映っている。彼も「僕、どうしたらいいんですかね?」と上司に相談していたらしい。

「たった一度、怒鳴られたくらいで」と言われれば、その通りなのかもしれない。大人になりきれず、許せない私が悪いのだ。先日の評価面談でも、「きちんとコミュニケーションを取れないのは問題だと思います」と上司に言われてしまった。そうですよね。それもわかっている。私だってちゃんとしたい。仕事なんだから円滑にコミュニケーションを取り、効率よく業務をこなさなければならないのは理解している。周囲の人に多少の迷惑をかけてしまっているのも感じる。けれど、「怒鳴られる可能性」がいつも邪魔をする。彼のなかのルールがわからない。どこに地雷が埋まっているのか、理解することができない。もう二度と同じ爆発に遭遇したくはない。

今まで、嫌いな人や苦手な人とは距離を置いたり縁を切ることで平穏に生きてきたのだが、ここに来て行き詰っている。どうしても縁を切ることのできない人間と接しなければならないとき、私はどのように考え、どうやってコミュニケーションを取ればいいのかを今までの人生のうちで習得することができていなかった。

私は、彼を許せるようになりたい。恐怖や生理的嫌悪感を限りなく0に近い形にしたい。「怒鳴られちゃったけど、仕方ないよね」くらいの気持ちで、さらっと受け流せるようになりたい。けれど、私にはその方法がわからなくて悩んでいる。

彼が怖い。今でも、怒鳴られたときの記憶を鮮明に思い出すことができる。なかったことになんてできないし、本音を言えば、ずっと後悔し、私に対して罪悪感を抱き続ければいいと思っている。でも、仕事なんだから。その気持ちにも厚い膜を張り、毅然とした態度で毎日仕事をしたい。やっぱり、縁切寺で神に向かって祈り続けるしかないのだろうか。

Text/あたそ

あたそさんの新刊書籍が発売中!

新刊『孤独も板につきまして』は、大和出版より発売中です。

新刊『孤独も板につきまして』は、大和出版より発売中です。

前後の連載記事