高望みしない「普通」なんて生き方は、逆に自分を追い詰める

普通の女性by StockSnap

婚活をしている女性は、たまに「普通の人でいいんだけど」なんて言ったりする。「普通」は、高望みなんてしていない、ただ目立った欠点がなければいい、そういう意味を確かに持っている。もっとも、こういう女性の言う「普通」 は、正社員で、年収◯◯万円以上で、まあまあの見た目で、そこそこの恋愛経験があって……など、そのすべての条件を満たす未婚の男性は日本に数%しかいない、みたいなことになりがちだ。でもまあ、結婚相手や自分の人生に対して「高望みなんてしない」「まあまあでいいんだけど」と思う姿勢自体は、悪く言われるようなものではない。

鷲田清一さんのエッセイに、『普通をだれも教えてくれない』というタイトルのものがある。このタイトルは、村上龍の『イン ザ・ミソスープ』のなかにある、「普通に生きていくのは簡単ではない。親も教師も国も奴隷みたいな退屈な生き方は教えてくれるが、普通の生き方というのがどういうものかは教えてくれないからだ」という、登場人物のセリフからとったものらしい。

『普通をだれも教えてくれない』は、1998年が初版発行だ。でも、多様化する今の時代に、このタイトルはますます重さを増しているように思う。

「普通」の、もともとの意味

今の「普通」は、「高望みしない、目立った欠点がなければいい」くらいの、中立的な意味を持っている。しかし鷲田清一さんのエッセイによると、「普通」は、もともとはどちらかというとポジティブな意味を持つ言葉だったらしい。

いわれてみれば、1925年に「普通選挙法」ができている。このときの「普通」が持つ意味は「平等」だ。身分、教育、信仰、財産、納税額、そういったものにとらわれず、すべての成人に選挙権があたえられる。もっとも、このときの普通選挙法で平等に選挙権が与えられたのは、あくまで「男子」である。でもたしかに「普通」とは、平等であること、差別しないこと、もともとはそういう意味だったことがわかる。

ここで言葉の歴史を追うことはしないけれど、それにしても今の時代に、「普通の人」や「普通の生き方」を求めるのは、やっぱりちょっと的外れだと言わざるを得ないんじゃないか。婚活している女性のいう「普通の人でいいんだけど」に代表されるように、「普通」は、実は追い求めていくとキリがないからだ。

それだけだったらまだいい。「普通」が「だれでも持っているもの」「どこにでも普遍的にあるもの」というニュアンスを持っている以上、それを手にできなかったときに、「高望みしない」くらいの意味だったその言葉は、自分を追い詰めることになりかねない。