冬の晩酌、日本酒のおともに最高!牡蠣とかぶのみぞれ煮レシピ

旬の牡蠣は「エナジーフード」!

牡蠣のみぞれ煮のレシピ画像

 年もあけて寒の入りを迎え、1年でもっとも寒さが極まる「大寒」も目前。骨までしみいるような寒さに、負けそうになっていませんか。

 寒さ極まる夜は、ぬくぬくと家で毛布にくるまりながら熱燗でしっぽり身体のあたたまる夕飯をいただきたいですよね。年々オヤジ化していく自分を否めない、妙齢女子のみなさまには共感していただけるはず。
そこで注目したいのが、旬の食材、牡蠣です。

 秋ごろから出回り始める牡蠣、実は栄養豊富で低カロリーな超優秀なエナジーフードなのです。グリコーゲンやアミノ酸をはじめ、ビタミン、ミネラルなどの栄養素とタウリンなどの機能性成分が豊富に含まれています。とくに、亜鉛の含有率(うなぎの7倍!)は食品随一といわれており、免疫力アップ、健康増進に効果的。風邪をひきやすいこの時期に、ぴったりの食材なのです。
さらに嬉しいのが低カロリー(うなぎの5分の1!)であるということ。こんな最高の食材を活かさないわけにはいきませんね。

 今回は、日本酒のおともに最高な1品、牡蠣とかぶのみぞれ煮のレシピをご紹介します。