華やかなスティック寿司

材料
酢飯(紫蘇ふりかけを混ぜたものと、胡麻を混ぜたもの2種類)

A
スモークサーモン
胡瓜
ディル

B
鯛の刺身
イタリアンパセリ

C
錦糸卵
柴漬け

桃の節句の雛祭りはラップで巻くだけの簡単華やかなちらし寿司

下準備1:炊きあがったご飯が熱いうちにすし酢を混ぜて、酢飯を作る。2つのボウルに分けて、片方の酢飯には紫蘇ふりかけを混ぜ込み、もう片方には胡麻を混ぜ込む。

桃の節句の雛祭りはラップで巻くだけの簡単華やかなちらし寿司

下準備2:トッピングの材料を準備する。鯛は薄切りに、胡瓜は1/4の長さに切ってスライス、スモークサーモンは1cm幅に切り分け、錦糸卵(卵1個、砂糖小さじ1、水溶き片栗粉少々を混ぜて薄く焼き、細く切り分ける)を作る。

桃の節句の雛祭りはラップで巻くだけの簡単華やかなちらし寿司

1. ラップの上にお好みの酢飯を置き、両端をキュッと結びながら10cmのスティック状に握る。

桃の節句の雛祭りはラップで巻くだけの簡単華やかなちらし寿司

2. もう1枚の綺麗なラップを広げ、そこにABCお好みの材料をお好みの配置で並べ、その上に1のスティック状の酢飯をラップから外して置き、具材と酢飯を一緒に巻いてキュッと形を綺麗に整える。

桃の節句の雛祭りはラップで巻くだけの簡単華やかなちらし寿司

3.ラップをはがして、彩りにハーブなどをのせればできあがり。

ほんのひとてま、季節を意識したお料理を自分のために作る。せわしない日常のなかでも、そんな時間をあえて作ることで、心も華やいできます。
女性のみなさん、すてきなひな祭りをお迎えくださいね。

text by 太田みお

働くおひとりさまにとっての毎日はめまぐるしくて、ゆっくり季節を感じる時間さえ取れないですよね。
「休日のたった1時間でいいからほっとしたい…」元外資系バリキャリから一転、丁寧な生活を目指して料理研究家になった太田みおさんが、四季の彩りを簡単に楽しむ「レシピ=歳時記」をお届けします。

※2018年2月28日に「SOLO」で掲載しました

前後の連載記事