Loading...

「人との縁をぶった切らない」下半期の目標にしてみたが…

不快な相手からナチュラルにフェードアウトしたい

もう7月も下旬に差し掛かろうとしているが、私の2019年下半期最大の目標は「人との縁をぶった切らない」に決定した。健康になりたいとか、今以上に仕事を頑張ってめちゃくちゃに稼げるようになりたいとか、他にも色々あるけれど、今年はとにかく人との縁を自ら断たないようにしたい。

突然、何を言い出したんだ、こいつは……と思うかもしれないけれど、今年の下半期はどんな人間関係でも耐え忍び、怒ることもなく、もし不快なことをされたとしてもナチュラルかつ迅速にフェードアウトできるように努めたい
そもそも私の人間関係なんてそれほど広いものではなく、大体が誰かの友達だったりする。Dragon Ashは「悪そうな奴は大体友達」と歌っているが、私の場合は「ライブハウスにいる酒癖の悪い奴は大体友達」という感じ。新代田FEVERや渋谷WWWの喫煙所には大抵友達がいる。そういうものだ。しかし、縁を切った奴との共通の友達に会うと大体気まずくなる。たぶん私だけが。たったそれだけの理由で微妙に疎遠になってしまうこともある。めちゃくちゃ気が強い割に、根は臆病なのかもしれない。
狭い界隈で人間関係暴れん坊将軍になるわけにはいかない。もういい年齢の大人だ。他人と喧嘩をしている場合ではない。身に着けよう、年相応の対応というものを。

私は初対面の人と仲良くなることや興味をもってもらうことがかなり上手い(と思う)。酒好きが高じて、初対面の人と飲むこともあるし、色々な人を紹介してもらえる機会もある。飲み会の数も友達や顔見知りの数も増えていく。そこで私はそれなりの対応をし、その場をやり過ごすのだけれど、当然ながらそこで苦手な人や嫌いな人、もう二度と関わりたくない人も多くはないがちらほら出てくる。

会いたくないし、喋りたくない。できることなら視界に入ってほしくもない。しかし、ある程度仲良くなってから、どのようにフェードアウトしていけばいいのかがわからない。誘いの断り方がわからない。たまにバッタリ会ったときに上手く撒く方法もわからない。人で対応を変えるのも私にとっては面倒臭く、他の人と変わらずに接してしまう。

しかし、私も私でこの状況が面白おかしくなってしまう。私は内心「苦手だな」「あんまり好きではないな」と思っているのに、相手はそのことに全く気づいていないから。
単に性格が悪いだけなのかもしれないけれどその状況がどうしてもおかしく、頃合いを見計らって距離を取っておかないと後々困るとわかっているのに、それなりの付き合いをしてしまう。そして内なるフラストレーションを溜めに溜め、突然に「もう連絡したくないし、あんまり会いたくないです……。」などと言いだし、理由を説明したうえで、一方的に縁を切ってしまうのがいつもの流れだ

前後の連載記事