外出れないなら外がこっち来いよ2021/長井短

夏本番だ〜! あっち〜! 10mも泳げないけどプールとか海とか行きたいし、虫嫌いだけどキャンプも行きたい。すぐ疲れちゃうけどフェスも行ってみたいし、絶対怖くて泣くけど、なんか海外にあると言われている伝説のクラブ島みたいなとこも行きたい。

年々自分の中に「あたいだってゴリゴリの陽キャやってみたかったしぃ…」っていう謎の欲求が高まっています。まじでできるうちに馬鹿騒ぎってしておいた方がいい。世界がこんなふうになるってわかってたら、もっとハメを外してみたのにな。ついつい暗くなっちゃうけど、そんな風にいじけていても仕方ないから。今回は「ひとりぼっちのステイホームでどこまでパリピになれるか」作戦を練りたいと思います!! 馬鹿馬鹿しいだろ? 暑くて頭おかしくなってんだよ。

俺による俺のためのフロア作り

あらゆるお酒と、なんかナッツとかを購入しておいてください。ここで大切なのは「食べたいものを買う」ではなく「クラブにありそうなものを買う」ということです。深夜のバーやクラブで、食べたくもないスナックをつまみ時間を潰した経験、あるでしょ? あの時食ったもんを買うんだよ。絶対カキフライとか買うなよ。そんな良いものが出るクラブを作る気はありません。

さぁ、まずは室内環境からです。パリピにはたぶん重低音が必須。可能なら天井や床に25台のスピーカーを仕込むところから始めたいですが、賃貸だと難しいよね。賃貸だから。そこで今回は「音響の質を上げる」という方向ではなく「フロアが多い」という方向に活路を見出します。以下、一人暮らしの家でのフロア作り例です。

◆玄関 Dynamite/BTS
◆リビング Last Friday Night/Katy Perry
◆キッチン ポケモンいえるかな?/イマクニ?
◆お風呂場 名器(feat.Awich)/NENE
◆トイレ 21世紀音頭/佐良直美
◆寝室 Sweet sensation/Otis Kane

ハァ…ハァ…音楽にもパーティーにも詳しくないのにこんなもん作ろうとしたせいでめちゃくちゃ時間かかったわ。でもこんだけ違う曲が家中でかかってたら、もうそこはほぼvisionです。とりあえずこうしてもらって、部屋を移動するたびに違うリズムで揺れてみてください。これはどこからどうみてもパリピ。ただ、足音には気をつけてね。パリピfeat.忍者でお願いします。

サウンドシステムが整ったところで着替えです。トップスはビキニ、もしくは一番お気に入りのブラにしちゃいましょう。一人だから怖いもんねーよ。窓とカーテンがしっかり閉まっているかは絶対確認してね。ボトムスはコンビニでボクサーパンツを買ってきてください。ちょっともう意味わかんない格好になってると思うけど、暑いしいいだろ。露出度はパーティーの盛り上がりに比例します。

着替えが済んだら、家にある香水や制汗剤など、匂いのする全てのスプレーを噴射します。こうすることで、一人でいながらたくさんの人間がいる錯覚を得られるのです。本気でやりたい人は、ドンキで安いメンズ香水を買うといいですよ。これだけでグッと湿度が上がるでしょう。これで、ほとんど全ての準備が整ったと言えます。照明を落としましょう。間接照明をうまい具合につけて、盛れる明るさにしてください。自宅でのパーティーはライティングを自分のためだけに設定できるのが嬉しいですね。

準備が整ったらいざ乾杯です。絶対に飲み物をコップに入れてください!!! そうするだけでだいぶ印象が違います。また、同じコップを流用することも禁止です。飲み終わったコップは、飲み終わった場所に置きましょう。そこがお風呂場であってもです。

前後の連載記事