OLIVIA OFFICIAL BLOG

占星術鑑定 社会的おかんのつとめ

先日、お友達で占星術鑑定士見習いのお友達、ともちゃん宅へ出張CATbodyTREATMENT☆

かれこれ5年以上のお付き合いなのに、一度も私が施術をしたことがなかったという事実。
友人だからこそ、改めて施術するチャンスを逃していました。

楽しく、おしゃべりしながら、ともちゃんをCATBODYににゃんこ。


満足のいく施術ができて、軽やかな足取りで、

友人たちがこぞって絶賛する

学芸大学の韓国料理店「マンナ」でランチ!


マンナ

http://r.tabelog.com/tokyo/A1317/A131702/13127694/

スンドゥブと野菜チヂミ、おいしかった~ドキドキ

みんながやみつきになる気持ちがわかるわ。

photo:01


心もおなかも満たされたところで、ともちゃんに占星術鑑定をしてもらいました。


私もともちゃんと一緒にパチュリー先生の占星術クラスを受けていたのですが、

私は、カウンセリングにちょこっと活用するレベルでとまっております。

かたや、ともちゃんは、鑑定士見習いに…えっ
何事も、継続することが大事ですね。


本格的な占星術鑑定は、今までにも受けていて、

ここ数年は、自分の1年のプランの答え合わせに活用していました。


たとえば、鑑定に行く前に、仕事の方向性やチャレンジしたいこと、そのタイミングを自分の直感で決めておきます。

それを、鑑定で「自分では、こういうプランなんだけど、どうかな?」って、確認作業をする感じ。

鑑定や占いに依存をしてしまう女性の話も聞きますが、

私は、あくまで、自分の人生の利便性をあげたり、新しい意見を取り入れるためのツールと捉えています。


それに、私が自分で選んだラブライフアドバイザーという職業は、

まさに私の星回り的にも、天職であり、適職なのです。


「今のお仕事は、とっても向いているから、自分の本能の赴くままにやっていったらいいよ。」


いろんな鑑定士の方に言われるので、本当にそうなんでしょうねニコニコ


今回の鑑定でも、ともちゃんのセンスの光る言葉選びで、

好きな仕事、するべき仕事の整理ができました。


バースチャートの読解だけじゃなく、鑑定する方のお人柄、思考、経験、

言葉選び、声、信頼感がもてるルックスなど、人の鑑定やカウンセリングを受けるととっても勉強になります。


「オリちゃんは、社会的なおかん。雌ライオンのように前に出て、仕事をしていくんだよしし座

と、しっくりくる言葉をいただきました。


インドア大好きでめんどくさがりな一面もあるのですが、

「社会的なおかん」という称号をいただいたからには、

今の時代に必要な新しいラブライフの価値観を広めていくようにがんばりたいとおもいます!


私も、人の心にしっくり響いて、元気になる言葉を発信していきたいな。


ともちゃん、ありがとラブラブ 

GAOしし座LIVIA



iPhoneからの投稿