• special
  • 2013.03.23

都合のいい女にされるセックスでの3つの落とし穴

第2回:良かれと思ったセックスで「都合のいい女」の烙印が!

“本命女”と“都合のいい女”に、もしセックスの違いがあるなら…?
そんな疑問を解消すべく、セックス賢者のみなさんにこの難問を答えていただきました。

第2回目は「官能小説・主人公から学ぶ ファム・ファタールのススメ」で連載中の官能小説家、・ライトノベル作家、大泉りかさんに“都合のいい女”と認定されてしまう3つの行動を伺いました。
第1回「本命女がセックスで気をつけている3つのこと」もあわせてどうぞ!

セックス中や後に男がする失礼な行為、腹が立ちながらも言えない

セックス 大泉りか 本命女 都合のいい女
By Dima Bushkov

 お腹に出した精子を拭わずにさっさと浴室へ行ってしまったり、ピロートークもなしに背中を向けていびきをかき始めたり……セックス後の男性の態度にムカッとすることってありますよね。

「でも、仕事で疲れてるんだし」「気が利かないのは普段からだから……」と自ら納得してしまう、そんな事なかれ主義はやめましょう。こうやって『言わない癖』がつくことで、どんどんと『都合のいい女』になっていってしまうんです。
とにかく腹が立ったらすぐに言うこと。どうせいつか爆発するんです。その時には、溜めた分だけ大爆発になってしまい、いいことはありません。

 挙句の果てに『言えない』ことを拗らせて、『黙り込んで不機嫌になることでアピールする〝察してちゃん"』になってしまっては人として手遅れですよ!

必要以上のテクニックを行使する

『セックスの上手い女はいい女』。
確かにそうかもしれません。が、彼の愛を乞うために『上手なセックス』をしようとした瞬間に、『本命女』から『都合のいい女』になってしまいます。

 だいたい、素人がちょこっと雑誌や聞きかじったテクニックを駆使して男を悶絶させるなんて無茶な話。ぐえっとえづきながら喉奥フェラチオをすることで『あなたが興奮をする』のならしてもいいですが、『彼のため』にするのは大間違いです。

「でも、それじゃあ、セックスのつまらない女だって飽きられちゃうかも」と心配する気持ちはわかります。ですが、「クンニをして欲しい」はなかなか言えない女性に比べ、男性は「チンコしゃぶってよ」といえる生物です。なので、言われたことだけ、丁寧に愛を込めてしてあげれば無問題です。

「ヤリマン」や「慣れていること」をアピールする

 男は『特別扱い』されることが大好き。なのに、最初から『数多あるセックスの一回としか思っていない』ことを伝えてしまっては、あなたに恋するわけも、愛を感じることもありません。

『素直になれないアタシの照れ隠し』や『重い女と思われてしまうことに耐えられない』。そんな自意識を捨てられないのは仕方ない。けれど思い切って冬のコートを一緒に押入れに仕舞ってしまいましょう。外はもう春です!


 いかがでしたでしょうか。
大泉りかさんの好評連載コラム「官能小説・主人公から学ぶ ファム・ファタールのススメ」も引き続きお楽しみ下さい。
次週は、女性AVディレクターが語る「本命の女NGの3つのベッドテク」です。お楽しみに!

大泉りか
キャバ嬢、SMショーのM女、ボディペインティングのモデルなどの経歴を経て、現在は官能小説家、ライトノベル作家として活躍中。『サディスティック88』シリーズ(小学館ガガガ文庫)や『若妻誘惑ハーレム 桃色町内会へようこそ』(リアルドリーム文庫)など著書多数。

読者アンケート

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。
本アンケートにご協力お願いします。
アンケートはこちら

■合わせて読みたい
3月特集
2月特集
官能小説から読み解く、ファムファタールのススメ
くらたまさんと円満離婚カップルを表彰!?

今月の特集

AMのこぼれ話