• sex
  • 2015.02.24

ぐちょぐちょのアソコに固いの入れて…セックス中に淫語を口走る/24歳銀行員の性事情(3)

今回のインタビューは、クリッとした目とショートカットが可愛らしい24歳の銀行員・Sさん。「出会い系で出会った彼氏に欠けてる部分を、出会い系で出会ったセフレで埋めてる感じ」と語る彼女はなんと淫語好き!基本的にはヤリ目的で出会い系を利用しているという彼女ですが、本当の恋愛に求めているものとは…

 今回のインタビュー相手は、募集を見て応募してきてくれた24歳の銀行員・Sさん。
第一回「父の検閲で週刊誌のエロ写真は全てカット!厳しい家庭からの東京進学で一気にヤリマン化」
第二回「私は性的に遅れてる?優等生が焦った先は出会い系でのヤリマン生活」
も合わせてどうぞ。

日本の恋愛って不便ですよね

遠藤遊佐 オナニー 1人エッチ オーガズム 潮吹き 普通の女の子のエッチ事情 新ヰタ・セクスアリス
本人近影

――出会い系で相手を選ぶコツって何ですか?

S:やっぱりヘンな人や怖い人が来るかもっていう恐怖はあるんです。だからメールでやりとりする中で、ちゃんと意思の疎通ができる人を選ぶようにはしてますね。学歴が高そうとかお金持ってそうとかも気にするほうかな。あとは、普通に恋人を探すのと同じような感じですよ。
最初出会い系を始めたときは、ヤリ捨てされて傷ついたりもしてたんですけど、徐々にうまく乗りこなせるようになってきました。

――じゃあ、今までひどい人に当たったことはないんだ。

S:厳選して会うようにしてるんで、それはなかったかな。

――出会い系で知り合った相手でも、気に入れば付き合っちゃう?

S:基本的にはヤリ目的なんですけど、セックスが気持ちいいと付き合いたくなっちゃうときも(笑)。
私、日本の恋愛って不便だなっていつも思うんですよ。告白して付き合ってからセックスするっていう流れだと、セックスが合わなかったとき困るじゃないですか。性格はすごく合うけど、クンニがすごい下手な人とかもいるわけでしょ。

――確かに。「セックスいまいちだから別れよう」とも言いづらいしねえ。今まで出会い系で知り合って付き合った相手はいるの?

S:2人います。一人は大学4年から1年半くらい付き合った人。結婚話まで出たんですけど、付き合うようになってからもなかなか出会い系を退会してくれないので、不安になって別れました。
もう一人は今の彼氏で外資系の有名企業に勤めてる人。でも、もしかしたら既婚者なんじゃないかって疑惑があるんですよね……。仕事が忙しくて思うように会えないし、海外出張が多くてホテル暮らしだって言うから家にも行ったこともないし。

――うー、それはちょっと怪しいかも。

S:ですよねえ。どうしていいかわからなくて、思わずその出会い系サイトの掲示板で既婚について書き込みがないかどうか見にいっちゃいました!(笑)

淫語を口走るのが好きなんです

――こうやって話してるとあんまり想像つかないんだけど、Sさんって性癖的にはどんな感じなんですか?

S:えーとね……私、すっごい淫語好きなんですよ。

――ははは。淫語って、言わせる人、言わされる人、自分から言っちゃう人といますけど……。

S:自分から言っちゃう人です…(笑)。

――えー! それは珍しい。AVの中にしかいないと思ってた! 例えばどんなこと言うの?

S:「ぐちょぐちょのアソコに固いの入れて~」とか(笑)。でも、最初から自分で言ってたわけじゃなく、セフレに教えられたんです。「○○って言いなさい」って命令されてすごい興奮して、それからは自分から積極的に言うようになりました。なんか貶められてる感じがたまらないんですよね。
相手からスケベなこと言うように促されるとさらに興奮するので、最近はセックスする前に宣言するようにしてます。「私、セックス中に淫語とか口走るけど大丈夫?」って。

――なるほど。家や学校の厳格さを考えると意外だけど、わかる気もするなあ。

彼氏に欠けてるものをセフレで補填

――今のセックスは出会い系オンリー?

S:そうですね。ていうか、出会い系を始めてから、それ以外の人と付き合ったりエッチしたりしたことないんですよ。彼氏もセフレも出会い系。

――あ、彼氏のほかにセフレもいるんだ。

S:いますいます。今、彼氏以外に3人かな。S社の人とK社の人とG社の人。(注・どれも超有名企業)

――すごいメンツ! 真面目に付き合おうと思ってもS社の人なんてなかなか出会えませんよ。

S:データを重視して選んでたら、自然とそういうことになっちゃったんです。

――有名企業にお勤めかどうかはセフレの良し悪しにあんまり関係ないような気もするんだけど……性格は二の次?

S:それが難しいところなんですよね。性格いいのに出会い系にいる人ってスペック面がイマイチで、逆に年収・学歴ともに高いのに出会い系を使ってる人は、性格に欠点ある場合が多いような気がしてて。すっごい自慢してきたり、自分を大きく見せようとしたり……今の彼氏がまさにそうなんですけど。

――そっかあ。まあ、完璧な人だったら出会い系使わなくてもモテモテなはずだもんね。

S:だから、今は出会い系で出会った彼氏に欠けてる部分を、出会い系で出会ったセフレで埋めてる感じ。私は、寂しがり屋でずっと誰かと連絡をとっていたいタイプなので、彼氏が忙しいときはセフレに連絡して、それでもダメだと別のセフレに……ってやって、バランスをとってます。ひどいことをしてるなとは思うんだけど、もうそういうやり方が癖になってるし、安定するんですよね。
他の女の子はそういうジレンマをどうやって解消してるんですかね? セフレとか彼氏の欠点を補填してくれるような相手を作らないのは、彼氏のことがそれだけ好きだからなのかな。

――補填しなくてもなんとかやっていける人が多いんじゃない? 自分にとって譲れないところをしっかり埋めてくれる相手なら、欠点があっても徐々に慣れてくるんじゃないのかなあ。
Sさんは、恋愛や結婚生活において優先順位つけるとしたら、何が一番大事ですか。

S:うーん、なんだろう……ちゃんと女扱いしてくれること、ですかね。父が今でも母の誕生日に花束あげてるのを見ると、素敵だなあって思います。
実は私、セックス自体よりも口説かれてベッドインするまでの過程のほうが好きなんですよ。それさえあればセックスはいらないかも。でも、現時点では出会い系以外に女扱いしてくれる場所がわからなくて。

――優先順位がわかってるなら心配ないですよ。そういう相手が現れたときにがっちりつかまえられるよう、今は目を光らせておきましょう!

 次回は、「厳格な学校や真面目な家庭がセックスに及ぼす影響」など、Sさんの取材後の遠藤さんの考察をお届けします。

Text/遠藤遊佐

遠藤遊佐さんの取材を受けてみたい方、絶賛募集中です!特に30代でまだ経験がないバージンの方からのご応募お待ちしております!

お申し込みはこちら

ライタープロフィール

遠藤遊佐
AVとオナニーをこよなく愛するアラフォーライター。

今月の特集

AMのこぼれ話