• love
  • 2013.01.16

その女は、どれほどの男に、どれだけ愛されたのか? 『つやのよる ある愛に関わった、女たちの物語』

行定勲 阿部寛 小泉今日子 野波麻帆 風吹ジュン 真木よう子 忽那汐里 大竹しのぶ 東映
©2013「つやのよる」製作委員会

 あなたが受け取る愛の大きさや深さは、どのように知ることができるのでしょうか。
“艶”という一人の女性にまつわる愛とその人生を辿る、センセーショナルで刺激的な愛の物語が誕生しました。
直木賞作家・井上荒野の小説『つやのよる』を『GО』、『世界の中心で、愛をさけぶ』の行定勲監督が完全映画化。『テルマエ・ロマエ』の阿部寛、『一枚のハガキ』の大竹しのぶ、『毎日かあさん』の小泉今日子、『外事警察 その男に騙されるな』の真木よう子ら豪華キャストの恋愛アンサンブルで、愛に翻弄され続けた女の生き方を描ききります。

 艶という女と駆け落ちして結婚した松生春二(阿部寛)は、妻の不貞に悩まされて続けていた。そんな艶が病に冒されて昏睡状態になってしまった現実を受け入れられず、耐えられない松生。やがて、自らの愛を確かめるためにある行動に出る。
それは、艶がかつて関係をもった男たちに艶の危篤を知らせるということ。
かつて艶と愛し合った男たちと、その妻や恋人、子どもたちは艶という未知の女の存在に困惑する。やがて辿り着く愛の深さに、人々はそれぞれの人生を見つめ直していく――。

 艶に幾度となく裏切られても献身的に愛し続ける松生は、その愛を自ら確かめます。
この映画で描かれる松生による一人の女性にまつわる“愛の旅”は、あなたの愛の軌跡を辿ることに繋がるかも知れません。
かつて愛し合った人を思い出し、今大切にしている愛を確かめることになるでしょう。
愛のために生きるあなたにこそ、その目でこの物語の顛末を確認してもらいたいです。

行定勲 阿部寛 小泉今日子 野波麻帆 風吹ジュン 真木よう子 忽那汐里 大竹しのぶ 東映
©2013「つやのよる」製作委員会


1月26日(土)より全国ロードショー

監督:行定勲
キャスト:阿部寛、小泉今日子、野波麻帆、風吹ジュン、真木よう子、忽那汐里、大竹しのぶ
配給:東映
2012年/日本映画/138分
URL:映画『つやのよる ある愛に関わった、女たちの物語』公式サイト



Text/Michihiro Takeuchi

ライタープロフィール

たけうちんぐ
ライター/映像作家

今月の特集

AMのこぼれ話