• love
  • 2012.03.19

世界中で読まれた傑作小説が、柳楽優弥主演で舞台化!『海辺のカフカ』

海辺のカフカ1

 村上春樹といえば、『ノルウェイの森』や『1Q84』など数々のベストセラーで知られ、新作が出るたびに社会現象にまでなる数少ない作家です。
国内のみならず世界中にその読者は多く、ふだんあまり本は読まないけれど、彼の小説だけはチェックしているという人も多いのではないでしょうか。

 そんな彼が2002年に発表した『海辺のカフカ』が、このたび“世界のニナガワ”こと蜷川幸雄の演出で舞台化されます。
同作は、英米で翻訳出版された2005年にはニューヨークタイムズの「年間ベストブック10冊」に選ばれ、翌2006年には世界幻想文学大賞にも選ばれた世界的な傑作。
村上作品が日本人の演出で舞台化されるのは初ですが、日本が世界に誇る文学界と演劇界の雄がコラボレーションするとあって、早くも今年いちばんの注目作として話題を集めているんです。

 物語は、「世界で最もタフな15歳になる」ことを決意して父親のもとから家出した少年カフカと、猫と会話のできる不思議な老人ナカタ。
2つのストーリーが、やがてシンクロして思わぬ展開へとつながっていきます。
謎と真相が次第に明らかにされつつも、さまざまな解釈が許された世界観は、発表当時も大いに議論を呼びました。
今回の舞台化では、そのイマジネーションを蜷川氏がどう舞台に具現化するのかが見どころ。カレと2人で観に行けば、観劇後はきっとその感想をたっぷり語り合いたくなることでしょう。

 もちろん、豪華な出演者にも注目したいところ。
主人公のカフカを演じるのは、映画『誰も知らない』でカンヌ国際映画祭の最優秀男優賞を、史上最年少・日本人初受賞した柳楽優弥。
そして、カフカが四国・高松の図書館で出会う司書の大島役に、ドラマ『セカンドバージン』『家政婦のミタ』で一躍注目を浴びた長谷川博己が出演します。
イケメン俳優にばかり見とれて、カレからヤキモチを焼かれないように注意してくださいね!?

名称:海辺のカフカ
原作:村上春樹
脚本:フランク・ギャラティ
演出:蜷川幸雄
出演:柳楽優弥、田中裕子、長谷川博己、柿澤勇人、佐藤江梨子、高橋努、鳥山昌克、木場勝己 ほか
期間:2012年5月3日(木)~5月20日(日) ※月曜休演
会場:彩の国さいたま芸術劇場 大ホール(埼玉県さいたま市中央区上峰3-15-1)
料金:S席9,800円 A席7,000円
※各種プレイガイドより前売チケット発売中
電話:03-3490-4949(ホリプロチケットセンター)

URL:http://www.horipro.co.jp/usr/ticket/kouen.cgi?Detail=181

Text/Fukusuke Fukuda

関連キーワード