• love
  • 2012.11.11

丸の内のクリスマスは劇団四季とコラボ!『Marunouchi Bright Christmas 2012』

 今年もクリスマスイルミネーションの季節が到来!
11月頃からちょっぴり勇み足で点灯がスタートする各地のイルミネーションは、ただでさえ盛り上がるクリスマス気分をいやが上にも高めてくれますよね。

 中でも、有楽町と大手町を結ぶ約1.2kmの丸の内仲通りは、毎年大勢のカップルでにぎわうクリスマスイルミネーションのメッカ。
今年もさっそく10月1日(月)から、シャンパンゴールドの丸の内オリジナルカラーが街路樹を彩っています。

丸の内イルミ
※画像は昨年開催されたイルミネーションの様子です

 今年はさらに、あの劇団四季とコラボしたクリスマスキャンペーン『Marunouchi Bright Christmas 2012』が11月15日(木)から展開されます。 劇団四季といえば、『ライオンキング』や『CATS』『オペラ座の怪人』などで知られる日本最大規模の劇団。 これは、その創立60周年と、丸ビル開業10周年を記念したスペシャルイベントなんです。 丸ビル1F「マルキューブ」には、劇団四季の代表作である『オペラ座の怪人』をイメージした高さ8mのクリスマスツリーが登場します。 ゴールドを基調にしたツリーには、作中に登場する舞台装飾や衣装、シャンデリアをモチーフにしたオーナメントが施されているほか、魅惑的に灯るロウソクをイメージさせるフリッカーランプのイルミネーションを使用。 華やかさと厳かな雰囲気を兼ね備えた『オペラ座の怪人』の世界観を表現します。

丸の内イルミ
※丸ビルクリスマスツリー(イメージ画像)

 また、被災地の活性化を願い、ツリーに象徴的に使われるバラのアレンジメントは、仙台市内の主婦を中心とした女性の方々に制作を依頼。東北新幹線の玄関口でもある丸の内と仙台をツリーでつなぎます。

 期間中は、丸ビル、新丸ビル、丸の内オアゾ、東京ビルTOKIA、丸の内ブリックスクエアといった各商業施設で、劇団四季の60年の歩みや、代表作の舞台美術・衣装を展示するイベント「劇団四季60周年展」も開催。

 劇団四季の作品を見たことがあるなら、舞台の思い出やイメージを重ねながら、他とはひと味違うクリスマスを感じることができるはずですよ!

イベント名:『Marunouchi Bright Christmas 2012 ~劇団四季、丸の内をジャック。~』
【Marunouchi Bright Christmas 2012 劇団四季60周年展】
開催期間:2012年11月15日(木)~12月25日(火)11:00~20:00(予定)
     ※会場の都合により変更となる場合があります。
会場:丸ビル、新丸ビル、丸の内オアゾ、東京ビルTOKIA、丸の内ブリックスクエア
ツリー点灯時間:6:00~24:00
※初日の11月15日(木)は点灯式開催のため点灯時間が異なります。
※一部点灯時間が異なる箇所があります。

【丸の内イルミネーション2012】
開催期間:2012年10月1日(月)~2013年2月17日(日) 計140日間(予定)
場所:丸の内仲通り ほか
点灯時間:17:00~23:00(予定)
※12月は24:00まで点灯します(予定)

問合せ:03-5218-5100(丸の内コールセンター 11:00~21:00)
※但し、日曜・祝日は20:00まで(連休の場合は最終日のみ20:00まで)

Text/Fukusuke Fukuda

関連キーワード