• love
  • 2016.01.31

結婚したら孤独になる?

結婚したら幸せになる。大抵の人はそう考えるはず。しかし、考え方によっては「孤独」に襲われるのかもしれない…そこで、今回は「結婚と孤独」について考えてみます。あなたにとって「孤独」とはどのようなものですか?

結婚と孤独


中村綾花 AMパリ支局がお送りする 結婚と幸せの方程式 フランス 純愛
by Clonadamas

 既婚者で、「結婚をしたらもっと孤独になった」。
なんて言う人がいる。

 この言葉の本意はわからないけれど、私は結婚してしまえば、孤独は癒されると思っていた。
孤独が嫌で結婚したいと強く願ってもいた。
実際に結婚してわかったのは確かに孤独は癒されることもあるし、孤独はさらに研ぎすまされることもあるということだ。

 毎夜ベッドの上で寝ているのは私1人ではない。
寝息をたてている人が、私の横にはいる。
その身体に触ると温かい。
その身体に耳をひっつけると、心臓の音がする。
私の横に、生きている人間がいる。
一緒に生活している人がいる。
 でも、この心臓がいつか止まる日が、必ずやってくる。
そんなことを眠れない夜に、1人考えてしまうのだ。
こんな時、孤独の洞窟に吸い込まれて気が狂いそうになる。

「いつか旦那が死ぬのが恐い」

 こんな個人的な告白を他人にする機会が何度かあった。
その都度返ってくる反応は、同情ではなかった。

「そんなこと考えてもしょうがない」

というようなものばかり。

「自分以外の他人は、なんてお気楽に生きられているんだろう」

と、他人と自分の違いに驚くことしかできなかった。

 ところが、何度も何度も、そのような反応が返ってくるうちに

「私は、暗い点一点だけを凝視して怖がっているだけなのかもしれない」

と思い始めたのだった。

 例えば。
目の前にある、大好物のカレーがあるとしよう。
湯気をあげて輝く黄金のカレールーからは、胃袋が目覚めるようなスパイスの香りが漂っている。

「ああ、こんな美味しそうなカレー、食べたら目の前から消えてしまう」

なんて考えて、食べた後のことばかり気にして心配いるのが私だ。
 スプーンを手に握りしめ、とろとろのカレーのルーと、ホクホクの白いご飯をほどよい割合ですくって口に運び、舌で十分楽しむ。
目でも、鼻でも、全ての感覚を研ぎすまして、あつあつのカレーを、 一口一口、味わう。
どうせ終わってしまうならば、思い切り楽しんだ方がいい。
 じっと眺めているうちに食べてしまったらカレーが消えてなくなることを心配しているうちに一秒一秒、私たちが死に向かっているように、カレーも一秒一秒冷めていくのだから。

Text/中村綾花

関連キーワード

ライタープロフィール

中村綾花
ラブジャーナリスト/ライター。

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

AM読者の金銭感覚を調査中!

20代~30代のみなさん、自身の収入を何に使っていますか?交際費、美容、趣味…などなど女性が一番お金をかけているものは何なのでしょうか!?ぜひご意見聞かせてください!

アンケートはこちら