不倫を繰り返す人は
どうしたら自分が自然体でいられるかを考えて


 人は希少価値の高いものを手放すことにとても強い抵抗を感じます。 そのため、その不倫関係が幸せではなくても、相手と何かしら繋がっていることに執着してしまうのです。

 自分が自然体で接することができる希少価値の高い男性は、本当にその人だけでしょうか?
自分が自然体にさえなれれば、他の人にもできるんじゃないかと考えたことはありますか?

 今までのあなたはそう考えられなかったのかもしれない。
だからこそ、彼氏ができなかったり、不倫関係に陥ってしまったのかもしれない。
でも、自然体でいられた(既婚者の)彼氏ができたということは、不倫を繰り返していくより、自分が自然体になるためにどうしたらいいのか? ということに目を向けてみてはどうでしょうか。

 今回は自信のない女性が不倫に陥りやすいということについて考えてみました。
次回ももう少し不倫について書いてみようかと思います。

 不倫がしたくて不倫している人はほとんどいません。
好きになった人がたまたま既婚者だったということが多く、「自分が良くないから不倫を繰り返すんだ」とか「早く終わりにしないといけないのに!」という罪悪感にさいなまれている人がとても多いです。

 不倫を『良い⇔悪い』だけで考えるのではなく、そこに潜む自分自身の心に問いかけてみてほしいと思います。

【つづく】

Text/荻尚子


Twitter、FacebookでAMのこぼれ話をチェック!

読者アンケート

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。
本アンケートにご協力お願いします。
アンケートはこちら

あわせて読みたい

9月特集
男と女の新連載