モザイクなんて必要ない…胸キュンをチャージしたい時のSILK LABO「COCOON anthology」の3作品

 女性向けAVは、男性向けと比べてソフトな描写で女性にも見やすく制作されていますが、性器がモザイク越しに映る場面もあり、AVを初めて見るという人にはちょっと刺激が強い場合もありますよね。
それに、セックスのシーンよりもドラマ部分重視で見て胸キュンしたい時もあります。
そんな時に絶対的にお薦めなのが、SILK LABOの『COCOON』レーベルです。『SILK LABO』レーベルよりもちょっぴりソフトでモザイクが必要な場面がないのが特徴。

 普段は、SILK LABOのサイトのみでの配信先行レーベルなのですが、定期的に総集編『anthology』が発売されます。
今回は、その『COCOON anthology』シリーズから、いくつか作品をご紹介したいと思います。

『COCOON anthology II』

月野帯人 『COCOON anthology II』 エッチ SILK LABO AV
『COCOON anthology II』
出演者: 一徹(鈴木一徹) 月野帯人 メーカー:SILKLABO、レーベル:COCOON

「honey trap」(月野帯人・雨宮琴音)
 ちょっと几帳面そうなカレ(ツッキー)と、同僚の女子(雨宮琴音)。ふたりはまだ付き合ってはいない微妙な関係。ある日の仕事帰りに彼女から「家に行ってもいい?」とメールが来て、特に身構えることなく招き入れたのに、さらっと上着を脱ぐ彼女に目がくぎ付け。

月野帯人 「honey trap」 エッチ SILK LABO AV
「honey trap」
出演者:月野帯人 雨宮琴音 メーカー:SILKLABO、レーベル:COCOON

 すっかり酔っぱらって「ちょっと横になってもいい?」とベッドに横たわった彼女に吸い寄せられるように近づいてしまいます。
キスするわけでもなく、顔や手や脚に触れるわけでもなく、いきなり胸からいただきまーすしちゃう(笑)。
ツッキーの、まるで手品のようなブラジャー外しに注目です!

「honey trap」というタイトルだから、きっとこれは彼女の策略。
途中、目を覚ました彼女は「してやったり」な顔。そして積極的にカレのズボンを脱がしていきます…。
ほぼ無言のまま最後まで駆け抜けるふたり。
「ずっと、こうしたかったんだ…」
どっちかがスタート切らないとその先に進めない恋、彼女がこうしてカレを誘惑する形で始まるのも、きっとアリですね♪

「tickle fun」(一徹・雨宮琴音)

一徹 「tickle fun」 エッチ SILK LABO AV
「tickle fun」
出演者: 一徹(鈴木一徹) 雨宮琴音 メーカー:SILKLABO、レーベル:COCOON

 こちらも同じ雨宮琴音ちゃんの出演ですが、全く雰囲気の違う彼女を演じています。
同棲してるカップル(一徹・雨宮琴音)は、寝る前の時間、それぞれスマホでゲーム、おもしろ画像に興じているところ。
一緒にいる時間が長いと、同じ楽しみを共有することも少なくなってきますよね。下手すると、そのままお互いのことにも興味がなくなってしまうことも…。

 でもこのカップルは違うみたい。とにかくカレが彼女にちょっかい出しまくり(笑)。
キスじゃなくて、べろーんと鼻まで舐めたり、ちゅーっと吸ってみたり。キャッキャキャッキャと、バカップルまるだしです♪
そのままの勢いで、ノーブラのTシャツをまくっておっぱいを舐め舐めしながら、わき腹をこちょこちょ。
ろくな前戯もないまま、パンツを脱がして「もう入れたい」。
「前戯ぐらいしなさいよー!」と言われながらも、もうカレの方は準備万端。彼女も実はちゃんと濡れてて、受け入れ準備完了みたいです。

 前戯なしで挿入なんてありえない!と普通は思うけど、無理やりなんじゃなくて、カップルのくすぐり合いみたいなイチャイチャの中で、お互いのカラダが受け入れ態勢になるってこと、確かにありますよね♪
イチャイチャの延長のセックス、挿入してからどんどん気持ち良くなっていくってのもいいかもしれません?
ちょいチャラいカレを演じる一徹くんのキ〇タクばりの「マジやばい」が、なぜかずっきゅんきちゃうのが悔しい(笑)。

<今すぐ『COCOON anthology II』のサンプル動画を見る!>