今体に感じていることに集中

リラックス状態を作るためには、「興奮しなきゃ」と焦るのをやめてみたらいいと思います。リラックスしようとするのも難しいかもしれませんが、なるべく余計なことを考えずに、単純に‟今体に感じていること”を集中して感じてみるといいかもしれません。「抱き合ってると安心するなぁ」とか「唇の感触気持ちいいな」とかいう感じです。
私もたまにセックスに集中できない時があって、「明日締め切りなのに内容まだ決めてないや」「後でメール返さなきゃ」「今日のセックス失敗したらもう会ってもらえなくなるかな…」のように、頭の中の冷静な自分に邪魔される時があるんですけど、自分が気持ちよくなることだけに集中すると、余計なことが浮かんで来なくなります。
そして、今までのセックスやオナニーで気持ちよくなった時の感覚を思い出してそこに近づくようなイメージを高めていくと、もっと集中することができています。集中してリラックス状態を作り、実際に体が気持ちよさを感じてくると、そのことに対して興奮することができるので、自ら興奮しようと頑張らなくてもいいんです。後から興奮が勝手についてくる感じです。

同じパートナーとのよさ

そもそもセックスでの興奮って、同じパートナーと長期間セックスしていると自然と薄れてくるのが普通だと思います。それでも同じパートナーとのセックスの方がセックスの満足度は高くなる傾向があります。それは慣れた相手の方がリラックスしてセックスできるというのも理由の1つだと思います。最初の数回のセックスほどの興奮はできなくても、慣れた相手だからこそできる心のこもったハグやキス、手を繋いだままの前戯や挿入など、落ち着いたセックスに移行してみるのもいいんじゃないでしょうか。それでも気持ちよくなってクライマックスに向かっていけば自然と興奮状態になりますし。
終始興奮してなくていいんだよと自分に言い聞かせてみてください。

Text/Betsy

前後の連載記事